このページの本文へ移動

慶長の釣灯籠

  • 2016年7月7日更新

慶長の釣灯籠

 この釣燈籠は青銅製六角形釣燈籠で、宝珠・笠・火袋・台板・猫足から成る。笠は牡丹様の葉脈に細かな線刻が施された12枚の飾り花が取り付けられ、火袋などには精巧な透かし彫りや浮き彫りが施されている。刻銘から、慶長4年(1599年)に豊臣秀吉の子秀頼が、京都東山の秀吉を祀る豊国社創建時に奉納したものと考えられる。
 

概要

名称

 慶長の釣灯籠(けいちょうのつりどうろう)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市曲輪町

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ