このページの本文へ移動

千本木龍頭神舞カシラ

  • 2016年7月7日更新

千本木龍頭神舞カシラ

 雨乞いを祈願する龍頭神舞のカシラはホウガン、雄獅子、雌獅子がある。桐材を用い、ホウガンが最も大きい。ホウガン、雄獅子の角の付け根に神像と思われる人面彫刻がある。耳がなく、頭頂部と上あごの鼻下には鱗を表す三角形の小片が付けられ、このカシラが龍であることを示す。装飾としての和紙のトブサを後頭部に付ける。
 

概要

名称

 千本木龍頭神舞カシラ(せんぼんぎりゅうとうしんまいかしら)

指定年月日

 昭和47年4月25日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市南千木町

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ