このページの本文へ移動

権現山遺跡

  • 2016年7月12日更新

権現山遺跡

 昭和25年(1950年)に相沢忠洋によって権現山の丘陵南断崖面の3地点から石器が採集された。この三地層は権現山【1】・【2】・【3】文化と称され、日本における旧石器時代研究に大きな影響を与えた。また、丘陵の東側から北側にかけて、6世紀頃の築造と考えられる直径20メートル前後の円墳が30基点在し、古墳群を形成している。
 

概要

名称

 権現山遺跡(ごんげんやまいせき)

指定年月日

 昭和41年4月12日

指定区分

 市指定史跡

所在地

 伊勢崎市豊城町1989-3

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ