このページの本文へ移動

脇差 銘 直勝

  • 2016年7月8日更新

脇差 銘 直勝

 この脇差は寛政11年(1799年)に伊勢崎出身の刀工萬々歳直勝の作である。小板目肌つみ、地金美しく、直刃(すぐは)の匂口が冴えて小沸(こにえ)がよくついている。直勝は、若くして鍛冶の技術に優れ、江戸に出て三品佐兵衛直道のもとで修練した。帰郷後、藩主酒井侯から萬々歳直勝の名を賜り、以後藩主の求めに応じて作刀を行った。
 

概要

名称

 脇差 銘 直勝(わきざし めい なおかつ)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市本町

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ