このページの本文へ移動

平塚の操人形及び衣装

  • 2016年7月12日更新

 境平塚に伝承された人形芝居の人形と衣装が、河岸問屋や有力者であった北清(きたせい)、福甚(ふくじん)、北権(きたごん)の3家に伝えられる。人形は一人遣いと三人遣いがあり、使用の痕跡から三人遣いが主に使われ、衣装の銘から寛政期(18世紀末)には演じられていたことがわかる。三人遣い用には耳が動く珍しいカシラや、衣装をつけた完全な形の人形も残る。

  平塚の操人形及び衣装                平塚の操人形及び衣装 

概要

名称

 平塚の操人形及び衣装(ひらづかのあやつりにんぎょうおよびいしょう)

指定年月日

 昭和38年8月1日、平成16年11月26日

指定区分

 市指定重要有形民俗文化財

所在地

 伊勢崎市境平塚、境

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ