このページの本文へ移動

西今井中世館跡

  • 2013年1月4日更新

西今井中世館跡城跡 鎌倉時代、新田一族の今井氏が居住し、後に茂木氏が移り住んだと伝える。広さは1万坪を超え、近世初期に描かれた「上今居郷屋敷図」に比定できる堀が残るなど、中世館跡の形態をよく留める。早川の縁に位置しており、堀は早川の水を貯水し、堰は水量調節の役目を果たすなど用水管理の一面をもっていた。

 

  概要

名称 西今井中世館跡
よみ にしいまいちゅうせいやかたあと
指定年月日 昭和42年2月2日
指定区分 市指定史跡
所在地 境西今井319

 

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ