このページの本文へ移動

旗本久永氏陣屋跡

  • 2013年1月4日更新

旗本久永氏陣屋跡 大東神社境内は、東小保方村を支配した旗本久永氏陣屋跡である。陣屋は東西75メートル、南北120メートルで、周囲に濠を巡らし、郭部分は外側より2.5メートルほど高く、枡形陣屋として近世陣屋の特徴を良く残している。明治維新で陣屋は廃され、小学校として使用されていたが、大正5年(1916年)に大東神社が遷座して現在に至る。

 

  

 

  概要

名称 旗本久永氏陣屋跡
よみ はたもとひさながしじんやあと
指定年月日 昭和63年3月4日
指定区分 市指定史跡
所在地 東小保方町3297

 

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ