このページの本文へ移動

弥勒寺音次郎・音八父子の墓

  • 2013年1月4日更新

弥勒寺音次郎・音八父子の墓 弥勒寺音次郎(1796年~1869年)は、赤城神社本殿(境平塚)、冠稲荷聖天宮(太田市細谷)などの彫刻を手がけ、息子の音八(1821年~1887年)は、父とともにこれらの造営に関わり、茨城県の笠間稲荷神社本殿の造営にも関与した。音次郎の墓は弟子が建立し、正面に法号「棟梁院立太柱宮居士」が刻まれる。その後ろに音八夫妻の墓があり、「霞松院梅翁彫聲居士」とある。

 

 

 

 

 

  概要

名称 弥勒寺音次郎・音八父子の墓
よみ みろくじおとじろう・おとはちふしのはか
指定年月日 平成元年3月15日
指定区分 市指定史跡
所在地 境下渕名1349

 

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ