このページの本文へ移動

村上随憲の墓

  • 2013年2月13日更新

村上随憲の墓 蘭方医の村上随憲(1798年~1865年)は、埼玉県熊谷市に生まれた。長崎でシーボルトについて西洋医学を学んだ。随憲は、文政7年(1824年)に境町で開業し、上州初の種痘を行っている。私塾を開き多くの子弟を育てた。俳諧をたしなみ、「これからは地獄の鬼を一さじにもり殺すとももり生かすとも」と辞世の句を残す。

 

 

 

 

 

  概要

名称 村上随憲の墓
よみ むらかみずいけんのはか
指定年月日 昭和42年2月10日
指定区分 市指定史跡
所在地 境495 (長光寺)

 

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ