このページの本文へ移動

栗庵似鳩の墓

  • 2016年7月12日更新

今村城栗庵似鳩の墓跡

 栗庵似鳩は大阪生まれの俳人である。明和8年(1771年)の冬に俳諧行脚の途中、那波郡上蓮沼村(上蓮町)に立ち寄ったのが縁で、この地に庵を結び、「喰つみは秋もてなさん軒の栗」と詠み、庵を栗庵と名づけた。以来、蕉風俳諧の普及に努め、詳細な日誌をつけ、寛政期の3年分が残されている。弟子の数は500人を超えたとされる。
 

概要

名称

 栗庵似鳩の墓(りつあんじきゅうのはか)

指定年月日

 昭和41年4月12日

指定区分

 市指定史跡

所在地

 伊勢崎市上蓮町134-1

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ