このページの本文へ移動

伊勢崎木遣り

  • 2016年7月12日更新

伊勢崎木遣り

 木遣りは構築物の地業、上棟式、落成式には欠かせないもので、大正時代が全盛期であった。現在テンポの速い中間十曲が伝わり、その所作は美しく洗練されている。江戸時代、鳶と消防はきわめて密接な関係にあり、天明4年(1784年)、伊勢崎町に定火消が設けられ、この当時の所作や唄が今日に継承されたと考えられる。
 

概要

名称

 伊勢崎木遣り(いせさききやり)

指定年月日

 平成13年6月29日

指定区分

 市指定重要無形民俗文化財

所在地

 伊勢崎市宮子町

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ