このページの本文へ移動

住民基本台帳ネットワーク

  • 2016年1月25日更新

住民基本台帳ネットワーク

 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)は、住民基本台帳法に基づき、住民サービスの向上と行政事務の効率化をはかるために導入されました。全国の市区町村・都道府県・国とを専用回線で結び、4情報(氏名・住所・生年月日・性別)と住民票コードにより全国共通の本人確認を可能とするシステムです。平成25年7月8日から外国人住民の方も対象になりました。

 この住民基本台帳ネットワークシステムが、電子政府・電子自治体を実現するための基盤となります。

住民基本台帳カード(新規発行は終了しました)

 平成28年1月から個人番号カードが発行されることに伴い、平成27年12月28日(月曜日)をもって住民基本台帳カードの新規発行は終了しました。有効中のカードは期限満了までご利用いただけます。今後、同様の機能のカードをご利用になりたい人は、個人番号カードを申請してください。

 

住民票の写しの広域交付

 住民基本台帳カードを使用すると、住民票の写しを全国の市区町村で受け取ることができます。 
(注)本籍欄の記載はできません。

申請方法

 本人または同一の世帯員の人が、各市町村で申請してください。
(注) 平日のみの申請および交付となります。土曜日・日曜日の申請および交付は行っておりませんので、予めご了承ください。

必要なもの

 住民基本台帳カード(現住所が記載されているもの)、運転免許証、在留カード、パスポートなどの顔写真付の官公署の発行した身分証明書(有効期限内のもの)
 
 

転入の特例

 住民基本台帳カードの交付を受けている場合、転出届を事前に郵送で行うことにより、手続きで窓口に行くのは転入時の一回だけで済みます。
 

住民基本台帳カード継続利用

 住民基本台帳カードを利用した転出届を行うと、転入地市町村(一部の市町村を除く)でも引き続き住民基本台帳カードを利用することができます。

 転入届の際に住民基本台帳カード(暗証番号の入力が必要)を必ず持参してください。

外部リンク

 住基ネット・住基カードの詳しい情報については、下記リンク先を参考にしてください。

    総務省住基ネットサイト(外部サイトに移動します)
    住民基本台帳カード情報総合サイト (外部サイトに移動します)
    外国人住民に係る住民基本台帳制度について(外部サイトに移動します)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民課 住民記録係
電話番号:0270-27-2727 ファクス番号:0270-24-9666
メールアドレス:simin@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ