このページの本文へ移動

トップページ 市政情報 組織・人事・給与 伊勢崎市特定事業主行動計画

伊勢崎市特定事業主行動計画

  • 2017年7月31日更新

次世代育成支援対策推進法に基づく伊勢崎市特定事業主行動計画

我が国における急速な少子化の進行並びに家庭および地域を取り巻く環境の変化にかんがみ、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、かつ、育成される社会の形成に資するため、平成15年に「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。

子どもを生み育てることに夢と希望を持ち、次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画策定指針に掲げられた基本的視点を踏まえつつ、職員が仕事と子育ての両立を図ることができるよう、次世代育成支援対策を計画的かつ着実に推進することを目的として、「伊勢崎市特定事業主行動計画 -職場で取り組む子育て支援プログラム- 」を策定しました。

また、次世代育成支援対策推進法第19条第5項に基づき、当該特定事業主行動計画の実施状況を公表しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく特定事業主行動計画の実施状況

育児休業等の取得率

育児休業等の取得率
性別 男性 女性
目標値 80% 100%
平成28年度実績 95.2% 100%

職員一人あたりの月平均時間外勤務時間数

目標 平成26年度と比べ5%以上削減

  • 平成26年度=8.9時間
  • 平成28年度=9.8時間
  • 増減時間=0.9時間
  • 増減率=10.1%

職員1人当たりの年間平均年次休暇取得日数

  • 目標値=11日以上
  • 平成28年度実績=12.1日

女性活躍推進法に基づく伊勢崎市特定事業主行動計画

女性が、職業生活においてその希望に応じて十分に能力を発揮し活躍できる環境を整備するため、平成27年に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が施行されました。これにより、伊勢崎市においても「伊勢崎市特定事業主行動計画-女性の活躍を応援する推進プログラム-」を策定しました。

また、女性活躍推進法第15条第6項の規定に基づき当該特定事業主行動計画の実施状況を、第17条に基づき女性の職業選択に資する情報を公表しています。

女性活躍推進法に伊勢崎市特定事業主行動計画の実施状況(平成28年度)

管理職等に占める女性職員の割合
区分 目標値 平成28年度実績
係長職以上の女性職員の割合 30% 22.7%
係長代理職の女性職員の割合 60% 68.9%
育児休業等の取得率
性別 男性 女性
目標値 80% 100%
平成28年度実績 95.2% 100%

職員一人あたりの月平均時間外勤務時間数

目標:平成32年度に平成28年度と比べ5%以上削減

  • 平成28年度=9.8時間

女性活躍推進法第17条に基づく女性の職業選択に資する情報(公表時期:平成29年7月31日)

女性の職業選択に資する情報
番号 内容 実施状況
1 女性職員の採用割合 行政職49.1%、消防職0%
2 採用試験の受験者の女性割合 行政職45.5%、消防職0%
3 職員の女性割合 行政職41.3%、消防職3.5%、医療職73.9%
4 男女別の育児休業取得率 男性:行政職、消防職、医療職いずれも0%、
女性:行政職、消防職、医療職いずれも100%
5 男性の配偶者出産休暇等取得率 95.2%
6 超過勤務の状況(月平均時間) 9.8時間
7 年次有給休暇の取得率 60.5%
8 管理職の女性割合 8.2%

2,4,5,6,7は平成28年度、1,3,8は平成28年4月1日時点

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

総務部 職員課
電話番号:0270-27-2705 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:shokuin@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ