このページの本文へ移動

国土(地籍)調査

  • 2015年4月1日更新

国土調査ってなに?

 国土調査は、国土の開発および保全並びにその利用の高度化に資するとともに、あわせて地籍の明確化を図るため、国土の実態を科学的かつ総合的に調査することを目的として実施されています。
 なお、その性格上から次の3つに分類されており、本市では「地籍調査」を行っています。

国土調査の種類
種類 内容
地籍調査 一筆ごとの土地所有者、地番、地目の調査および境界の位置、地積(面積)に関する調査
土地分類調査 土地の利用状況、土壌の性質等の主要な自然的要素および生産力に関する調査
水調査 流水の流量、水質等および水利に関する調査

 

地籍調査ってなに?

 地籍調査とは、地籍の明確化を目的として、主に市町村が主体となり一筆ごとの土地の所有者、地番、地目などの調査と、境界の位置と面積を測量する調査を行い、正確な地図(地籍図)と簿冊(地籍簿)を作成するための調査です。
 個人には固有の「戸籍」という情報があり、様々な行政場面で活用されているのと同様に、土地についても「地籍」の情報が様々な行政場面で活用されています。「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことです。

地籍調査前 字切り図(あざきりず)イメージ 地籍調査後 地籍図イメージ
地籍調査前の字切図(あざきりず)イメージ 地籍調査後の地籍図イメージ

 

地籍調査の必要性

 我が国では、土地に関する記録は法務局(登記所)において管理していますが、土地の位置や形状等を示す情報として法務局に備え付けられている地図や図面は、その多くが明治時代の地租改正時に作成された記録をもとに、今日に至るまでの間に加除や修正が加えられてきたものです。
 そのため、長い年月を経た今日では、土地登記簿(不動産登記事項証明書)に記載されている地積(面積)が実際とは異なっていたり、地図に描かれた土地の境界・形状が不明確であったりするために、土地の正確な情報を把握することが困難な場合が多いのが実態です。
 地籍調査は、限りある土地を有効活用・保全するために、このような状況を改善し土地に関する記録を明確化する大切な事業です。

 

地籍調査の主な内容

    日本の土地調査の歴史(172KB)(PDF文書)
    地籍調査の効果(187KB)(PDF文書)
    地籍調査の手順 (168KB)(PDF文書)
    よくある質問(地籍調査)(148KB)(PDF文書)
    地籍調査用語集(190KB)(PDF文書)

 

関連リンク

  詳細については、次の関連サイトをご覧ください。

    国土交通省(地籍調査Webサイト)(外部サイトに移動します)  
    国土交通省(土地・建設産業局地籍整備課)(外部サイトに移動します) 
    国土交通省(国土地理院)(外部サイトに移動します)
    国土交通省(国土地理院・関東地方測量部) (外部サイトに移動します)
    法務省(民事局)(外部サイトに移動します)
    法務省(法務局)(外部サイトに移動します) 
    法務省(前橋地方法務局)(外部サイトに移動します)
    群馬県(農政部農村整備課)(外部サイトに移動します) 

 

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

経済部 土地改良課 地籍調査係
電話番号:0270-74-0873 ファクス番号:0270-74-4001
メールアドレス:tochikai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ