このページの本文へ移動

トップページ くらし 消防・防災・防犯 防災・災害 「大規模災害時における石油類燃料の供給に関する協定」締結

「大規模災害時における石油類燃料の供給に関する協定」締結

  • 2013年3月1日更新

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、一時的にガソリンなどの燃料が不足し、日常生活や事業活動に大きな影響がでました。近い将来には、首都直下型地震や東海地震など、同様の大地震が発生する恐れがあるとも言われています。

 本市では、東日本大震災の教訓を生かし、大規模な災害時に、災害活動に支障がでることがないように、消防車や救急車、地域の消防団車両など、緊急車両の燃料を確実に確保するため、藤本商事株式会社(堀口町)と平成25年2月1日に「大規模災害時における石油類燃料の供給に関する協定」を締結しました。

 大規模な災害発生時には、藤本商事株式会社が経営するガソリンスタンド(エネオス堀口町サービスステーション)が緊急車両専用サービスステーションに指定され、その他の車両は利用が制限されます。円滑な災害活動を行うため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

地図情報


ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 総務課
電話番号:0270-25-3511 ファクス番号:0270-26-9995
メールアドレス:sh-soumu@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ