このページの本文へ移動

東町屋台囃子

  • 2016年7月12日更新

東町屋台囃子

 境地区の東町に伝わる屋台囃子は、明治22年の合併以前の旧新田郡境村に伝承されてきたものである。屋台囃子は附太鼓3、大胴2、鉦3、笛1で構成されている。伝承曲は10曲あり、基本的なものは参手古(さんてこ)、昇殿(しょうでん)、大間昇殿(おおましょうでん)、神田丸(かんだまる)、鎌倉、地囃子の6曲である。上演の機会は、境ふるさとまつりがあり、世良田八坂神社の祇園祭(太田市)では神社境内で屋台囃子の奉納を行っている。
 

概要

名称

 東町屋台囃子(あずまちょうやたいばやし)

指定年月日

 平成26年2月25日

指定区分

 市指定重要無形民俗文化財

所在地

 伊勢崎市境東

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ