このページの本文へ移動

境島村まちづくりビジョン

  • 2015年3月23日更新

境島村まちづくりビジョン 利根川の豊かな自然環境と養蚕農家群の歴史的な佇まいを残す伊勢崎市境島村では、「伊勢崎市都市計画マスタープラン」等に基づき、歴史文化的な資源を活かしたまちづくりを進めてきました。この静かな住宅地・境島村に立地する田島弥平旧宅を構成資産とする「富岡製糸場と絹産業遺産群」が平成26年6月25日に世界遺産に登録され、これまでに受け入れたことのないような多くの来訪者が境島村に訪れるようになり、まちづくりを取り巻く状況は大きく変化しています。
 伊勢崎市境島村まちづくり推進会議は、世界遺産登録に伴う来訪者による影響を踏まえて、市民協働のまちづくりを推進するための指針となるように、地元住民の意向を把握し、「境島村が目指す将来像」とその実現に向けた「まちづくりの取組み」を取りまとめた境島村まちづくりビジョンを、平成27年3月に策定しました。 

 

 

境島村まちづくりビジョンの内容

  • 第1章 境島村まちづくりビジョンについて
  • 第2章 境島村の現状
  • 第3章 境島村まちづくりの将来像
  • 第4章 境島村まちづくりの方針
  • 第5章 境島村まちづくりビジョンの推進

(注)境島村まちづくりビジョンの内容は下部ダウンロードからご覧いただけます。

境島村を楽しむルール                                              

 田島弥平旧宅は、現在も住宅として利用されている世界遺産であり、周辺の住宅も含めてプライバシーの侵害や治安の悪化で暮らしぶりに悪影響が出ないように配慮する必要があります。また、来訪者への配慮としても、世界遺産としての魅力を充分に理解できるように、利用ルールを定めました。ご理解とご協力をお願いいたします。

  • ルール1 車でお越しの際は、田島弥平旧宅から少し離れた所定の駐車場に止めましょう
  • ルール2 養蚕農家群の田園風景や、利根川の自然風景を楽しみましょう
  • ルール3 集落内の細い街路は、歩いて楽しみましょう
  • ルール4 はじめてお越しの方や、大勢でお越しの方は、ガイドと一緒に回りましょう
  • ルール5 個人宅を見学するときは、敷地の外から見学しましょう
  • ルール6 地元住民の方とお会いしたら、挨拶をして笑顔で会話を楽しみましょう
  • ルール7 伝統的な家屋を守るために、たばこなどの火気の使用には気をつけましょう
  • ルール8 集落の美しさを守るために、自分で出したごみは持ち帰りましょう

(注)境島村を楽しむルールの内容は下部ダウンロードからご覧いただけます。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画調整課
電話番号:0270-27-2707 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kikaku@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ