このページの本文へ移動

メール119・Fax119

  • 2015年12月17日更新

メール119について                                                                 

  このシステムは、聴覚または言語障害等により電話での119番通報が困難な人を対象に、携帯電話等のメール機能を利用して、消防車や救急車の出動要請を行うことができます。利用を希望する人は、事前の登録が必要となりますので、メール119利用案内書の登録方法をご確認ください。

 利用案内書および申込書は、消防本部、各消防署、各消防分署、伊勢崎市障害福祉課、玉村町健康福祉課にて配布しています。また、当ページよりダウンロードできます。

メール119のしくみ

 メール119通報文を送信します。受信した通信指令課から受信を確認した旨の返信メールを送信。同時に出場指令を行います。 

 メール119概容イラスト

利用対象者

 伊勢崎市、佐波郡玉村町に在住、勤務または通学している人で、聴覚や言語に障害がある人に限ります。

利用上の注意事項

  1. 利用できる場所は、伊勢崎市、佐波郡玉村町からの緊急通報に限ります。
  2. まず、近くにいる人に助けを求めてください。他の方法により緊急通報することができない場合は、メールによる通報を行ってください。
  3. メール119は、一般の電子メールサービスを使用した補助手段のため、遅延またはメールが届かない場合があります。
  4. メール119番通報を受信した場合、消防車、救急車を出動させるとともに、「救急車が向かいました。」などのメールを返信いたします。この返信メールが届かない場合は、メールを再送信するとともに、近くの人に協力を求めるなど、他の方法で通報をしてください。
  5. メール119の使用は、緊急時の通報に限ります。緊急時以外の問い合わせ等には応じられません。
  6. 聴覚または言語に障害がある方からの通報受信専用のため、通報専用のメールアドレスは一般に公開しないでください。
  7. 登録者に対し、登録アドレスの有効性を確認するため、定期的(年2回)に消防情報を含めテストメールを送信します。その際、複数回にわたり登録者へメールが届かない場合およびファクス等で連絡がとれない場合は、緊急の連絡先に問い合わせすることがあります。
  8. メール119を利用する場合の通信利用料は、利用者負担となります。

 

Fax119について                                                                           

 このシステムは、聴覚または言語障害等により、電話での119番通報が困難な人を対象に、ファクスによる消防車や救急車の出動要請を行うことができます。

 利用案内書および通報用紙は、消防本部、各消防署、各消防分署、伊勢崎市障害福祉課、玉村町健康福祉課にて配布しています。また、当ページよりダウンロードできます。

Fax119のしくみ

 Fax119通報文をファクス送信します。受信した通信指令課から受信を確認した旨の返信ファクス文を送信。同時に出場指令を行います。 

Fax119概容イラスト

利用対象者

 伊勢崎市、佐波郡玉村町に在住、勤務または通学している人で、聴覚や言語に障害がある人に限ります。

利用上の注意事項

  1. 利用できる場所は、伊勢崎市、佐波郡玉村町からの緊急通報に限ります。
  2. Fax119の使用は、緊急時の通報に限ります。緊急時以外の問い合わせ等には応じられません。
  3. 慌てずファクス送信ができるように、あらかじめ住所、氏名等を記入し、準備しておいてください。

 注意

 ファクス番号は、局番なしの119番です。

(注)今まで使用していたファクス 0270-22-3119 は廃止となります。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 通信指令課
電話番号:0270-25-3510 ファクス番号:0270-25-3613
メールアドレス:tsushin@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ