このページの本文へ移動

市町村合併のあゆみ

  • 2016年12月26日更新

伊勢崎市の合併の状況

 伊勢崎市、赤堀町、東村および境町の地域は、古くから人々の往来が多く、地理的、経済的、文化的に一体的な結びつきを持った地域として発展してきました。地方分権が推進される中で、合併により大きな自治体となり、行財政基盤を強化していくことや、本地域が一体となって住みやすいまちづくりを行うことが必要になってきました。
 そこで平成15年8月28日に各市町村議会の議決を経て「伊勢崎市・赤堀町・東村・境町合併協議会」(以下、合併協議会という。)が設置されました。この合併協議会で、合併の期日や新市の名称などの基本項目をはじめ、新市の目指すべき姿などを示す新市建設計画や、それまでの異なる行政サービスや住民負担に関しての調整方針など、合併に必要な項目について協議を重ねました。その後、住民説明会を全88会場で実施し、合併に向けて住民の皆様と合併全般に関する意見交換等を行いました。平成16年7月19日には4首長が基本27項目にわたる協定書に署名する合併協定書調印式が行われ、翌年1月に合併し人口20万の新市が誕生しました。

新市の名称

 伊勢崎市

市町村合併の期日

 平成17年1月1日

合併の方式

 新設合併

新市の目指すべき姿

 合併後の新市のまちづくりの基本方針については、下記「新市建設計画」よりご確認ください。

合併時の人口(住民基本台帳人口)

  • 伊勢崎地区 134,111人
  • 赤堀地区 19,293人
  • 東地区 22,786人
  • 境地区 31,586人

 全市 207,776人(内、外国人 12,055人)

関連リンク

 合併までのあゆみについて、詳しくは下記「伊勢崎市の合併の記録」よりご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画調整課
電話番号:0270-27-2707 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kikaku@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ