このページの本文へ移動

本妙寺の鬼子母神堂 附棟札

  • 2017年9月1日更新

本妙寺の鬼子母神堂 附棟札

明和9年(1772年)建立の鬼子母神堂は、本堂の南側に建ち、桁行23尺、梁間23尺の平面規模を持つ三間堂である。

屋根は入母屋造桟瓦葺で、正面一間に唐破風屋根の向拝を付ける。精巧な彫刻が多く施されており、建物正面は力強い外観意匠をみせている。堂内の天井の水墨画の絵師は、伊勢崎藩に出仕した鈴木春山である。日蓮宗方式の棟札(文字による十界曼荼羅)も小屋裏に残し、裏面の墨書は鬼子母神堂の造営経緯を伝えている。

日蓮宗方式棟札 神道式棟札

名称

本妙寺の鬼子母神堂 附棟札(ほんみょうじのきしぼじんどう つけたりむなふだ)

指定年月日

平成28年3月24日

指定区分

市指定重要文化財

所在地

伊勢崎市山王町857

地図情報


このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財保護課
電話番号:0270-75-6672 ファクス番号:0270-75-6673
メールアドレス:bunkazai@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ