このページの本文へ移動

トップページ ライフイベント 子育て 予防接種 ロタウイルス予防接種費用助成

トップページ ライフイベント 子育て 助成・手当て ロタウイルス予防接種費用助成

トップページ ライフイベント 健診 予防接種 ロタウイルス予防接種費用助成

トップページ くらし 医療・福祉 予防接種 子どもの予防接種 ロタウイルス予防接種費用助成

ロタウイルス予防接種費用助成

  • 2017年11月6日更新

伊勢崎市では、平成29年4月1日から、ロタウイルス予防接種の費用助成を開始します。

この予防接種は任意予防接種(保護者の希望により受ける予防接種)となりますので、接種を希望する人は、かかりつけ医と相談のうえ、接種を受けてください。

ロタウイルス

ロタウイルスは乳幼児に多く起こる感染性胃腸炎の原因となるウイルスのひとつです。ロタウイルスには多くの種類(型)があり、5歳頃までに少なくとも1回以上は感染を経験するといわれており、特に重症化しやすいのは生後6カ月から2歳までの乳幼児です。

ロタウイルスによる胃腸炎は、急激な嘔吐と水様性の下痢便を繰り返すのが特徴的な症状で、発熱を伴うことも多くみられます。重症になると、嘔吐・下痢に伴う脱水やけいれん、腎不全、脳炎・脳症などの合併症のため入院治療にいたるケースがあります。

ロタウイルスワクチン

ロタウイルスワクチンは経口接種(口飲むワクチン)するワクチンで、2回接種ワクチンと3回接種ワクチンの2種類あります。対象者・接種回数が異なりますのでご注意ください。また、2つのワクチンの互換性に関する安全性、有効性、免疫原生のデータはないことから、必ず同じワクチンで接種をしてください。

  • ロタリックス:ヒトロタウイルスを弱毒化した1価弱毒生ワクチン
  • ロタテック:ウシーヒトロタウイルスリアソータント5価生ワクチン

株にヒト由来とウシ由来の違いはありますが、効果・安全性に違いはありません。

ロタウイルス胃腸炎になると、原因となるウイルスに対する薬剤がないため、対症療法(症状をやわらげる)しかありません。何度か感染することで免疫がつきますが、ワクチン接種により免疫をつけることで、ロタウイルス胃腸炎を予防することができます。

ロタウイルスワクチンの副反応

いらいらする、怒りっぽいなどの周囲の刺激に対して反応しやすくなる(ぐずりなどの易刺激性)、下痢、咳や鼻水がでるなどの副反応が報告されています。また、頻度は不明ですが腸重積症が報告されています。接種後に腸重積症の症状(ぐったりする、顔色が悪い、繰り返し起きる嘔吐、血便、お腹の張りなど)がみられた場合は、すみやかにかかりつけ医に相談してください。

対象者・接種(助成)回数・助成額

接種当日、伊勢崎市に住民登録があり、下記対象者に該当の接種を希望する人。

ロタウイルスワクチン
ワクチンの種類 対象者 接種回数
(助成回数)
助成額
(1回あたり)
ロタリックス 生後6週から生後24週0日までの乳児 2回まで 7,500円
ロタテック 生後6週から生後32週0日までの乳児 3回まで 5,000円

(注)いずれのワクチンも1回目(初回)接種の助成は生後14週6日までの接種に限ります
(注)生活保護世帯の人は全額助成となります。事前に手続きが必要となりますので、お問い合わせください。

注意事項

  1. 腸重積症のリスクが高まるとの報告があるため、1回目(初回接種)は生後14週6日までに接種をしてください。それ以降(15週以降)の初回接種は助成対象外です。
    (注)2回目以降の接種は、対象年齢内であれば助成対象となります。
  2. 平成29年4月1日以降の接種分が助成の対象です。平成29年3月31日以前に接種した者は費用助成対象外となりますが、2回目・3回目の接種が平成29年4月1日以降で対象年齢内であれば助成対象となります。
  3. 予防接種料金は、医療機関ごとに異なります。接種料金から助成額を差し引いた金額が自己負担額となります。

接種間隔 

  • ロタリックス:4週以上あけて2回接種
  • ロタテック:4週以上あけて3回接種

(注)ロタウイルスワクチンは生ワクチンです。別の予防接種を受けるときは27日以上の間隔をあけて接種してください。

助成期間

平成29年4月1日(土曜日)から平成30年3月31日(土曜日)までの接種

接種場所

(注)指定医療機関以外で接種した場合は助成対象外(全額自己負担)です。

助成の受け方

  1. 伊勢崎市・玉村町の指定医療機関へ事前に予約してください。
  2. 医療機関に備えてある「ロタウイルス予防接種説明書」を読み、「伊勢崎市ロタウイルス予防接種予診票兼費用助成申請書」を記入してください。問診・診察後、接種を受けます。
  3. 各医療機関が定める予防接種料金から助成額を差し引いた金額を医療機関にお支払いください。
    (注)予防接種料金は医療機関ごとに異なりますので、事前に医療機関にご確認ください。

持ち物

母子健康手帳、健康保険証、福祉医療費受給資格証、接種料金(自己負担額分)

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ