このページの本文へ移動

B型肝炎ワクチン

  • 2017年3月22日更新

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスが血液・体液を介して感染して起こる肝臓の病気です。

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチンは、ことに小児の場合は肝炎の予防というより持続肝炎を防ぎ、将来発生するかもしれない慢性肝炎・肝硬変・肝がんの発生を防ごうとすることが最大の目的です。

(注)母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

B型肝炎ワクチンの副反応

主な副反応としては、発熱、発疹、倦怠感および注射部位の発赤、疼痛、腫脹(はれ)、硬結(しこり)等です。また、まれにですが、ショック、アナフィラキシー様症状、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、脊髄炎、視神経炎、ギラン・バレー症候群、末梢神経障害の発生も報告されています。

対象年齢

平成28年4月1日以降に生まれで、生後1歳に至るまでの間  
(注)標準的には生後2か月~9か月に至るまでの間

接種回数

3回

接種間隔 

1回目から27日(4週)以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日(20週)以上の間隔をおいて3回目を接種。

注意事項

B型肝炎ワクチンは2種類あります。2種類のワクチンとも酵母由来のため、酵母に対するアレルギーに注意が必要であると考えられています。 

うち、1種類のワクチンバイアルのゴム栓には、乾燥天然ゴム(ラテックス)が含まれています。ラテックス過敏症の人、又はラテックスと交叉反応がある果物等(バナナ、栗、キウイフルーツ、アボカド、メロン等)にアレルギーがある人は注意が必要です。

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ