このページの本文へ移動

トップページ ライフイベント 子育て 予防接種 DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチン

トップページ くらし 医療・福祉 予防接種 子どもの予防接種 DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチン

DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチン

  • 2016年9月30日更新

DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチン

 ジフテリアトキソイドおよび破傷風トキソイドを混合したワクチンです。

病気の説明

ジフテリア

 ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで偽膜と呼ばれる膜ができて窒息することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって、心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。

破傷風

 破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると菌の出す毒素のために、筋肉のけいれんを起こします。最初は口が開かなくなるなどの症状が気付かれ、やがて全身のけいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。患者の半数は本人や周りの人では気が付かない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。

DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチンの副反応

 主なものは注射部位の発赤・腫脹(はれ)・硬結(しこり)です。硬結は少しずつ小さくなりますが、数か月残ることもあります。特に敏感なお子さんで肘をこえて上腕全体がはれることがまれにあります。

接種年齢

 小学6年生

接種回数

 1回

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746 ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ