このページの本文へ移動

乗物盗難にご注意!

  • 2016年11月25日更新

 乗物盗難とは、自動車、オートバイ、自転車などの乗り物を盗む犯罪です。あなたの大切な愛車が被害に遭わないために、主な盗難対策を紹介します。ページ下部から乗物盗難に関するチラシをダウンロードできます。チラシは日本語のほかに、5カ国の言語に翻訳した外国語版もありますので、是非ご活用ください。

主な盗難対策

自動車

  • 短時間でも車から離れるときは、必ずエンジンを切り、キーを抜いてドアロックをする。窓も完全に閉める。
  • 車内に貴重品やバッグ等の荷物を置いたままにしない。
  • 路上駐車はしない。明るく、監視の行き届いた駐車場に駐車する。
  • イモビライザー、GPS、警報機、ハンドルロックやタイヤロック等の盗難防止装置を付ける。

オートバイ

  • 短時間でもオートバイから離れるときは、必ずエンジンキーを抜きハンドルロックをかける。
  • タイヤにワイヤー錠やチェーン錠などをかける。駐車(輪)場の柵やポールなどの固定物にくくりつける。

自転車

  • 駐輪するときは、短時間でも必ず鍵をかける。
  • ワイヤー錠やチェーン錠などを車輪にもかけて二重ロックするとともに、駐輪場の柵やポールなどの固定物にくくりつける。
  • 自転車販売店で防犯登録をする。

もしも、被害に遭ってしまったら

  1. 速やかに警察に被害を届け出る。
  2. 被害車両のナンバーや車台(体)番号、防犯登録番号等を警察に伝える。(普段から使用する車両のナンバー等を控えておく。)
  3. 盗難届を出した車両を見つけたときは、警察に連絡する。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

総務部 安心安全課
電話番号:0270-27-2706 ファクス番号:0270-26-6123
メールアドレス:anshinanzen@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ