このページの本文へ移動

トップページ ライフイベント 高齢・介護 介護 徘徊高齢者等事前登録制度

トップページ くらし 保険・年金 介護保険 徘徊高齢者等事前登録制度

徘徊高齢者等事前登録制度

  • 2017年3月28日更新

認知症などにより行方不明になる恐れのある高齢者等の名前や身体的特徴、連絡先、写真等の情報を本人や家族の申請により、事前に登録を行い、群馬県警察と情報を共有することで、行方不明となった際に早期に発見し、保護できるように取り組む制度です。

対象者

  • 65歳以上の認知症等により徘徊の恐れのある人
  • 40歳以上65歳未満の人で認知症等により徘徊の恐れのある人
  • その他必要と認められる人

登録方法

  • 申請書に記入の上、本人の特徴がわかる写真(1、2枚)を添えて、市役所地域包括支援センターまたは各高齢者相談センター、各支所住民福祉課に提出してください。
  • 登録した人には、見守りシールを配布します。
  • 登録された情報は、群馬県警察と共有します。

見守りシール

事前登録をした人には、身元確認に役立つシールを配布します。伊勢崎市のマークと事前登録番号が入った衣類用アイロンプリントシール、靴(杖)用のシールを普段からよく身に着ける衣類や靴・杖等に貼っておくことで、本人を探す時の手掛かりとなります。

その他のサービス

行方不明になってしまった時に位置情報を確認できるGPS機器の貸し出しを行っています。このGPS機器を身に付けていれば電話やインターネットで現在位置を確認することができます。詳細は、下記のリンクよりご確認ください。

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

長寿社会部 高齢政策課 地域包括支援センター
電話番号:0270-27-2745 ファクス番号:0270-25-1400
メールアドレス:shien-c@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ