このページの本文へ移動

トップページ くらし 消防・防災・防犯 防災・災害 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

  • 2017年5月10日更新

弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(J-ALERT)を活用して防災行政無線で情報伝達されるほか、携帯電話の緊急速報メールにより緊急情報が発信されます。ミサイルが落下する可能性がある場合は、直ちに以下の行動をとってください。

  • 屋外にいる場合、近くのできるだけ頑丈な建物に避難する
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る
  • 屋内にいる場合、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する

関連サイト

ダウンロード

関連リンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

総務部 安心安全課
電話番号:0270-27-2706 ファクス番号:0270-26-6123
メールアドレス:anshinanzen@city.isesaki.lg.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ