伊勢崎の太織

伊勢崎の太織石棺の写真

 この太織は、明治から戦前にかけて「糸屋」と呼ばれた織物原料商を営んだ佐藤家が収集・保存している絹織物製品である。天保年間(1830年~1844年)から明治末年に至る約80年間に製織された25点であり、いずれも仕立上がりとなっている。太織は地場産業の基となったもので、経済史や織布の技術史の資料である。

 

概要

名称

 伊勢崎の太織(いせさきのふとおり)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市曲輪町

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年09月11日