上毛伊勢崎領塾蔵小学内篇・外篇版木 附同版藩校学習堂蔵印小学二冊

 伊勢崎藩領内の文化期に創設された郷学8校で教科書として使用するため、文政4年(1821年)郷学の創設に関った人たちの拠金により作成された。版木は本文74枚、題せん・奥付1枚の75枚からなる。版心に拠金した人たち89人の名前を刻む。この版木は明治4年(1871年)まで使用された。また学習堂蔵書印を押す刷り本は、藩校廃校まで教授を勤めた栗原順庵が架蔵したものである。

上毛伊勢崎領塾蔵小学内篇・外篇版木の写真
上毛伊勢崎領塾蔵小学内篇・外篇版木2の写真

概要

名称

 上毛伊勢崎領塾蔵小学内篇・外篇版木 附同版藩校学習堂蔵印小学二冊

(じょうもういせさきりょうじゅくぞうしょうがくないへん・がいへんはんぎつけたり どうはんはんこうがくしゅうどうぞういんしょうがくにさつ)

指定年月日

 平成20年7月1日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

 伊勢崎市曲輪町22-21(伊勢崎市図書館)

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日