大聖寺墓地の宝篋印塔

大聖寺墓地の宝匧印塔の写真

明治初年に廃寺となった大聖寺の墓地にある2基の宝篋印塔である。2基とも総高約190センチメートルで、形態はほぼ同一である。基礎の四面はそれぞれ2区に分けられ、格狭間(こうざま)を彫る。約65センチメートルの相輪の下にある6段の屋蓋は直立に近い隅飾突起を四方にもち、この下は通常と異なり一段になっているのが特徴で、いわゆる「関東型」に属する。

概要

名称

 大聖寺墓地の宝篋印塔(だいしょうじぼちのほうきょういんとう)

指定年月日

 昭和48年3月5日

指定区分

 市指定重要文化財

所在地

伊勢崎市大正寺町89番地

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年11月16日