一ノ関古墳

一ノ関古墳を石室側から撮影した写真
一ノ関古墳を南西側から撮影した写真

一ノ関古墳は、本関町古墳群に含まれるやや小規模な前方後円墳で、6世紀後半の築造と考えられる。発掘調査の結果、2段築造の墳丘、葺石、円筒埴輪列が確認された。石室は後円部の南側に開口し、輝石安山岩の割石を用いた乱積の両袖型横穴式石室である。平成16年に史跡公園として整備された。

概要

名称

一ノ関古墳(いちのせきこふん)

指定年月日

平成10年12月28日

指定区分

市指定史跡

所在地

伊勢崎市本関町1298番地3外

地図情報

関連リンク

下記のページには、一ノ関古墳のリーフレットがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年01月20日