妊娠している人へ~新型コロナウイルス感染症対策~

妊娠中でも過度な心配はいりません

現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとされています。
胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告もありません。

したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません。

日頃から感染予防に努めましょう

一般的に、妊婦が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。
人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底してください。

  • 手洗いを徹底してください。
  • 「換気の悪い密閉空間」・「人が密集する場所」・「近距離での会話や発声が行われる密接場面」を避けましょう。
  • 家庭内に感染疑いのある人がいる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。また、タオルや食器の共用は避けてください。

働いている人

体調なども踏まえ、時差通勤やテレワークの活用、仕事を休む場合の休業手当の支払いなどの賃金の取扱いなどについて、勤務先と相談してください。

発熱などがある場合

妊婦の人で、風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続いたり、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は、早めに帰国者・接触者相談センターに相談してください。

妊婦健診の受診

  • 妊婦の皆様の状況に応じ、妊婦健診日の間隔をあけることもできます。かかりつけの産婦人科医などによく相談してください。
  • 新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人、家族に感染疑いのある人がいる場合は、妊婦健診受診前に、かかりつけ産科医療機関に電話で相談してください。
  • 新型コロナウイルスに感染している可能性がある時は、妊婦健診受診を控え、まずは帰国者・接触者相談センターに電話で相談した上で、かかりつけ産科医療機関に相談してください。

分娩について

  • 居住している地域での出産を考慮してください。居住地域内での分娩施設の紹介については、かかりつけの産婦人科医などによく相談してください。
    (注意)感染予防のため、家族の立会自粛などに、協力いただく場合があります。
  • 各都道府県では、妊婦が罹患した場合の周産期医療提供体制の整備など、安心・安全な分娩の実現に努めています。新型コロナウイルスに感染した妊婦は、かかりつけ産科医療機関に分娩先などについて相談してください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
健康管理センター
〒372-0812 伊勢崎市連取町1155番地
電話番号 0270-23-6675
ファクス番号 0270-21-8995

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年06月16日