令和2年度保育施設への入所(一斉入所~随時入所)

保育施設は、保護者が働いているまたは病気・介護・出産などの理由で、児童を家庭で保育できないときに、保護者にかわって保育する施設です。単に、「友だちがいないから」や「社会生活を身につけさせる」などの理由では、入所をすることはできません。

令和2年度保育施設の申し込み

保育施設を利用するためには、保育認定を受ける必要があります。平成28年1月より認定申請書と入所申込書に個人番号(マイナンバー)を記入していただくことになりました。申請の際は、個人番号(マイナンバー)の分かるものと、本人確認のできるもの(免許証、在留カードなど)をお持ちください。

また、保護者ではなく代理人が申請する場合は委任状が必要となります。

保育認定の流れ

令和2年4月1日一斉入所に関する保育認定の流れは、下記のとおりとなります。

  1. 入所を希望する第1希望の施設で、「保育所等入所申込書」と「施設型給付費・地域型保育給付費等認定申請書」と「保育を必要とすることを証明する書類」を受け取ります。
  2. 申し込みに必要な書類を、第1希望の施設へ提出します。
  3. 審査及び選考の結果、保育施設の利用が決定します。(入所決定)

(注意)申し込みの状況によっては、市が利用調整を行います。

保育認定を受けるための条件

  • 市内に在住または入所希望月の前月末日までに転入することが確実な子ども
  • 集団生活に支障がない子ども
  • 保護者が以下の1から9のいずれかに該当し、保育が必要な子ども
  1. 月60時間以上の就労
  2. 妊娠・出産
  3. 保護者の疾病・障害
  4. 同居または長期入院している親族の介護・看護
  5. 災害復旧
  6. 求職活動
  7. 就学
  8. 虐待やDVの恐れがあること
  9. 育児休業取得中にすでに保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であると認められるとき

保育認定の時間区分

就労を理由に保育認定を受ける場合、就労時間に応じて、以下の区分での利用になります。

保育標準時間

基本利用時間1日最長11時間まで。就労時間は月120時間以上必要。

保育短時間

基本利用時間1日最長8時間まで。就労時間は月60時間以上必要。

(注釈)就労以外を理由に保育認定を受ける場合は、その保育が必要となる理由に応じて短時間または標準時間を選択できます。

次に該当する人は注意してください

  • 母親の出産で産前産後入所をする人は、期間終了後必ず退所していただくことになります。
  • 求職活動中で入所する人は、3ヶ月の期間限定入所になります。その間に就労等の条件に認定変更していただくことで引き続きの入所が可能ですが、認定変更がされなかった場合には期間終了月に退所となります。
  • 就労の予定でも申し込みができます。
  • 現在、保育施設に通っていて、他の保育施設に転所したい場合は、現在通っている保育施設を一度退所していただき、新しい保育施設に新規で申し込みをしていただくことになります。
  • 社会保険またはそれに類する保険に本人名義で加入し、育児休業取得者は、育児休業期間の終期の月からの入所の申し込みができます。ただし、復職日がその月の14日以前であれば前月の入所から申し込みができます。
    (例)復職が6月14日ならば、5月入所の申し込みができます。復職が6月15日であれば、6月入所以降の申し込みとなります。
  • 入所ができる最低年齢は保育施設ごとに異なります。

令和2年4月の入所申し込み

施設見学会

公立保育所・私立保育園・認定こども園の施設見学会を実施します。見学を希望する人は、期間中に直接各施設へお出かけください。

(注意)幼稚園の見学については、各幼稚園にお問い合わせください。

施設一覧

見学期間

令和元年9月10日(火曜日)から令和元年9月12日(木曜日)の午前9時30分から正午まで

1次選考

申込期間

令和元年9月13日(金曜日)から令和元年9月30日(月曜日)の午前8時30分から午後5時まで

(注釈)9月15日(日曜日)、16日(祝日)、22日(日曜日)、23日(祝日)、29日(日曜日)は除きます

(注釈)9月14日(土曜日)、21日(土曜日)、28日(土曜日)は午前中のみです

申込方法

  • 第1希望の施設で申し込みに必要な書類を受け取り、9月30日までに必要書類をそろえて、書類を受け取った施設に提出してください。受け取り時に、面接場所、面接日等が案内されます。
  • 市外の施設の利用を希望する人は、市役所こども保育課が窓口となりますのでお問い合わせください。

(注釈)保育を必要とすることを証明する書類については、当ページよりダウンロードすることができます。

(注釈)保護者の人数分証明が必要になります。

育児休業中の申込み・入所

  • 1次選考に限り、令和3年1月14日(木曜日)までに育児休業明け、産休明けの保育を希望する人も申込みできます。申込条件は、市内在住であること、社会保険またはそれに類する保険に本人名義で加入している育児休業取得者であることがあげられます。申込みの際は保険証のコピーを添付してください。(注意)
  • 復職する月を法律に基づく育児休業の終了する時期と限るものではありません。
  • 育児休業があける日が1日から14日以前である場合は、前月からの申込みが可能です。
  • 育児休業があける日が15日から月末である場合は、当月からの申込みが可能です。
  • 令和3年1月から3月の入所を希望する場合は随時で申込みをしてください。

(注意)育児休業取得者が扶養に取られている場合、4月中の復帰であれば1次申込期間での申込みが可能です。5月以降の復帰である場合は、令和2年5月以降(随時)の申込みをしてください。

提出後の流れ

面接

指定の面接日に、お子さんをつれて指定の面接場所にお越しください。書類の確認や、お子さんの面接をします。

都合により指定の面接日に面接が受けられない人は、事前に第1希望の施設及びこども保育課または各支所住民福祉課にご連絡ください。日程を調整し、後日面接を行います。

面接を受けていない場合は、選考の対象となりません。

1次選考の結果通知の発送

令和2年1月14日(火曜日)に利用調整の結果通知を発送します。

2次選考

  • 1次選考後、決定者が4月入所可能数に達していない施設のみ行います。そのため、希望の施設にお申し込みいただけない場合もあります。
  • 2次選考以降の入所については、市内在住で令和3年1月14日までに育児休業明け、産休明けの保育を希望する人の申し込みはできません。

申込期間

令和2年1月16日(木曜日)から令和2年2月7日(金曜日)

申込場所

第1希望の保育所・認定こども園がある地区の支所の住民福祉課または市役所こども保育課の各窓口

(注釈)一次選考で申し込んで不承諾だった場合、第一志望で申し込んだ保育所・認定こども園がある地区の支所住民福祉課または市役所こども保育課に申込書類がございますので、そちらで手続きをお願いいたします。

申込方法

申込期間中に市役所こども保育課、各支所住民福祉課で申し込みに必要な書類を受け取り、令和2年2月7日までに第1希望の施設を担当するこども保育課、住民福祉課に提出してください。

1次選考で不承諾になり再申請を希望する人は1次選考で提出した書類を使える場合がありますので、提出してある書類の内容に変更がなければ、不承諾の通知をお持ちの上、期間内に窓口までお越しください。

(注釈)保育を必要とすることを証明する書類については、当ページよりダウンロードすることができます。

(注釈)保護者の人数分証明が必要になります。

面接

書類の提出時に面接も行いますので、提出の際に、お子さんをつれて窓口にお越しください。

2次選考の結果通知の発送

令和2年3月2日(月曜日)に利用調整の結果通知を発送します。

令和2年5月以降(随時)の入所申し込み

令和2年5月以降の入所の申し込みから入所決定までの流れは、次のとおりです。

1.入所申し込み

申込書など、必要書類の交付

こども保育課および各支所の住民福祉課で申込書など、必要書類の交付を受けてください。勤務先等で記入いただく書類もあるので、締め切りに余裕をもってお越しください。

(注釈)保育を必要とすることを証明する書類については、当ページよりダウンロードすることができます。

申込場所

こども保育課および各支所の住民福祉課の各窓口
(注釈)市外の保育所・認定こども園(2号、3号認定)への申し込みは市役所こども保育課が窓口となります。
(注釈)市内の保育所・認定こども園については、原則、各地区ごとの受付となります。第1希望の保育所・認定こども園がある地区の支所住民福祉課または伊勢崎市役所こども保育課の各窓口に提出してください。

期日

毎月15日に申込書の提出を締め切り、入所については翌月1日からとなります。15日が土曜日、日曜日、祝日の場合は直前の平日が締め切りとなります。

その他

申し込みの際にお子さんの面接をしますので、お子さんと一緒にお越しください。お子さんに、発達の遅れ、疾病、アレルギーなどがあると思われる場合には、面接の際に必ず相談してください。

2.審査および選考会議

審査

提出書類により審査を行います。書類上で不明な事項がある場合は、必要に応じて聞きとりによる調査を行うことがあります。

選考会議

毎月17日から20日に行います。その後、園との調整を行います。

3.入所承諾・入所不承諾後の手続き

入所承諾者

入所承諾の場合は、入所の結果通知書を通知します。利用者負担の額もこの通知でお知らせします。また、入所前に、保育施設にて入所前の説明を受けていただきます。

入所不承諾者

入所不承諾の場合は、入所の結果通知書が送られますので、引き続き入所を希望する人は翌月の15日(15日が土曜日、日曜日、祝日の場合は直前の平日)までに、入所の結果通知書を持ってこども保育課または各支所住民福祉課に来庁してください。

その他

市内に在住で市外の保育園・認定こども園(2号、3号認定)等を希望する人は、本市をとおして希望される保育園・認定こども園等のある市区町村へ申し込み、協議します。

申し込みの期限や条件は各市区町村によって異なりますので、希望する保育所・認定こども園等のある市区町村へお問い合わせください。

ダウンロード

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
福祉こども部こども保育課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館2階
電話番号 0270-27-2751
ファクス番号 0270-26-1808

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月19日