新型コロナウイルス感染症に係る帰国者・接触者外来の受診時の被保険者資格証明書の取り扱い

発熱症状などの新型コロナウイルス感染症を発症した疑いがある場合は、帰国者・接触者相談センターに相談の上、帰国者・接触者外来の受診を行うこととなります。受診される被保険者に国民健康保険被保険者資格証明書が交付されている場合、下記のとおり取り扱います。

帰国者・接触者外来を受診するとき

資格証明書を提示して受診した場合は、通常の被保険者証とみなして取り扱いますので、自己負担割合は3割となります。帰国者・接触者外来で交付された処方せんに基づき、保険薬局から療養の給付を受ける場合も同様です。

帰国者・接触者外来以外を受診するとき

帰国者・接触者外来以外を受診する場合は、資格証明書となりますので自己負担割合は10割です。医療機関などを受診する必要があり、一時的な10割負担が困難な場合は、下記の問い合わせ先に相談してください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部国民健康保険課 納付推進係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2738
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月10日