特定の疾病で長期間の治療を必要とするとき【特定疾病療養受療証】

特定疾病療養受領証の申請

高額な治療を長期継続して行う必要がある特定の病気(血友病・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症・人工透析が必要な慢性腎不全)の人は「特定疾病療養受療証」を医療機関に提示すれば、1か月の自己負担限度額が10,000円になります。ただし、70歳未満の上位所得者で人工透析が必要な慢性腎不全の人は、1か月の自己負担額が20,000円になります。

必要なもの

  • 対象者の国民健康保険証
  • 世帯主の印鑑(朱肉を使うもの)
  • 世帯主および対象者のマイナンバーカード(個人番号カード)など
  • 来庁者の顔写真付き身分証明書(有効期限内のもの)
  • 「国民健康保険特定疾病療養受療証交付申請書(医療機関による記入のあるもの)」または「医師の意見書」または「直前に加入していた健康保険から交付された特定疾病療養受療証」

申請場所

  • 市役所本館1階3番窓口 国民健康保険課
  • 各支所 住民福祉課

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部国民健康保険課 国保係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2735
ファクス番号 0270-21-4840

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年09月18日