国民年金の加入・変更の手続き

加入の届出

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人は必ず国民年金に加入する必要があります。

以下の時は国民年金第1号の加入の届出を必ずしてください。

  • 厚生年金保険加入者 が 退職したとき
  • 厚生年金加入中の配偶者 の 扶養ではなくなったとき

種別変更の届出

20歳以上60歳未満の人は、就職・退職・結婚などにより国民年金加入者の種別が変わることがあります。そのようなときは、被保険者の種別変更の届出が必要です。 これらの届出をせずにそのままにしていると、将来年金額が少なくなったり、年金が受けられなくなったりすることがありますので、必ず届出をしてください。

平成30年3月5日から国民年金の届出に個人番号が必要です。

就職して厚生年金に加入したとき

第1号被保険者から第2号被保険者に変わります。

  • 届出場所=勤務先

退職したとき

第2号被保険者から第1号被保険者に変わります。

  • 届出場所=年金医療課、各支所住民福祉課

届出に必要なもの

  • 年金手帳
  • 個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • 本人の身分証明書(運転免許証など)
  • 社会保険離脱証明書
  • 印鑑(本人署名の場合は不要)
  • 本人以外の申請は委任状、代理人の身分証明書

結婚や退職などにより配偶者(会社員や公務員など)に扶養されるようになったとき

第1号、2号被保険者から第3号被保険者に変わります。

  • 届出場所=配偶者の勤務先

必要な書類などは、配偶者の勤務先で確認してください

配偶者(会社員や公務員など)の扶養でなくなったとき

第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。

  • 届出場所=年金医療課、各支所住民福祉課 

届出に必要なもの

  • 年金手帳
  • 個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • 本人の身分証明書(運転免許証など)
  • 社会保険離脱証明書
  • 印鑑(本人署名の場合は不要)
  • 本人以外の申請は委任状、代理人の身分証明書

配偶者(会社員や公務員など)の扶養から就業して厚生年金に加入したとき

第3号被保険者から第2号被保険者に変わります。

  • 届出場所=勤務先

年金手帳再交付の申請

国民年金第1号保険者で、年金手帳を紛失された人は市役所で再交付の申請ができます。手帳は後日、年金事務所から郵送で届きます。届くまでに通常申請した日から1カ月程度かかります。お急ぎの人は年金事務所に相談してください。

  • 用意するもの=個人番号カードまたは個人番号通知カード・本人の身分証明書(運転免許証など)・印鑑・本人以外の申請は委任状と代理人の身分証明書

第2号、第3号被保険者については、勤務先(配偶者の勤務先)での手続きです。

関連リンク

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進部年金医療課 国民年金係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2741
ファクス番号 0270-21-4840

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年09月11日