行事食を紹介します

行事食の紹介

毎月、群馬県の伝統食や全国の郷土料理、世界の料理などを、その月の行事食として献立に取り入れています。料理や行事食の内容を、各学校の放送当番の子どもたちが、給食の時間に合わせて校内放送などで紹介しています。

令和4年度5月の行事食

世界の料理「中国」

献立

ご飯、牛乳、肉だんご、ホイコーロー、中華スープ

上記で説明した世界の料理「中国」が盛り付けられた給食写真
放送内容

中国料理はフランス料理、トルコ料理とともに世界三大料理の一つとして考えられています。日本は古くから中国との交流があり、中国料理から多くの影響を受けています。地域によってそれぞれ特色がありますが、全体的な特徴としては火を通した温かい料理を好む傾向があります。また、中華鍋を使い、強い火力で炒めて作るものが多くみられます。

群馬の伝統食「ポテトのソース炒め(子ども洋食)」

献立

ロールパン、牛乳、チキンナゲット、ポテトのソース炒め、ワンタンスープ

上記で説明した群馬の伝統食「ポテトのソース炒め(子ども洋食)」が盛り付けられた給食写真
放送内容

子ども洋食は、群馬県の東部に位置する桐生市付近でよく食べられている料理です。昭和初期、食べ物が少なかったころに子どもたちに人気のメニューとして、おやつとして食べられていたことが由来とされています。蒸したじゃがいもに、あおのりや長ネギを加え炒め、ウスターソースで味付けする簡単な料理です。現在でも、家庭料理の定番となり、食べられています。

行事食「かみかみ献立」

献立

ご飯、牛乳、サーモンフライ、上州きんぴら、ぐだくさん汁

上記で説明した行事食「かみかみ献立」の給食が盛り付けられた写真
放送内容

ごぼうの産地はユーラシア大陸北部ですが、薬用として利用されているだけで、食用として食べているのは日本と韓国だけです。日本独特の野菜ですね。ごぼうには食物繊維がたくさん含まれています。腎臓の働きを活発にしてくれるもの、ガンを予防してくれるもの、便秘を予防してくれるものなど、いろいろな働きをしてくれます。かみかみ献立ということで、上州きんぴらとぐだくさん汁の中にごぼうが入っています。

郷土料理「長崎県」

献立

中華めん、牛乳、しゅうまい、中華サラダ、ちゃんぽんスープ

上記で説明した郷土料理「長崎県」の給食が盛り付けられた写真
放送内容

長崎県は4つの大きな半島と、1000近い島々から形成されています。古くから中国大陸や朝鮮半島との交流の窓口となり、鎖国体制が続いた江戸時代でも、唯一の海外貿易の拠点として独自の食文化を形成しています。ちゃんぽんは豚肉や野菜、きのこを具とした麺料理です。異国の文化を盛り込んだ長崎料理の代表で、明治時代に中国料理の店主が長崎県にいる中国人たちに安くて栄養価の高い食事を提供するために考案したのが始まりです。

紹介した行事食一覧

この記事に関するお問い合わせ先

教育部健康給食課 学校給食係
〒379-2224 伊勢崎市西小保方町692番地5 第一学校給食調理場内
電話番号 0270-75-2517
ファクス番号 0270-75-2518

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年06月10日