熱中症に注意しましょう

熱中症は予防が大切

熱中症は、体から水分や塩分などが失われ、体温調節機能のバランスが崩れて発症します。一人ひとりが正しい知識を身につけ、家族や地域で声を掛け合うことで、予防ができます。

熱中症の症状

軽度:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉のこわばり

中等度:頭痛、吐き気、体のだるさ、虚脱感

重度:けいれん、意識障害(もうろうとしている、反応がおかしい、意識がないなど)

熱中症を引き起こす要因

気象:気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、急に暑くなったなど

環境:屋外、炎天下、風通しのない場所(体育館など)、室温調節ができない所、車中など

行動:激しい運動や慣れない運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況など

熱中症になりやすい人

乳幼児、高齢者、暑さに慣れていない人、二日酔いや寝不足などの体調不良、持病がある人、 肥満の人など

熱中症予防のポイント

  • 日差しの強い時間帯の外出はできるだけ避ける
  • 外では通気性のよい服装、日傘や帽子を着用し直射日光を避ける
  • 室内ではカーテンやすだれなどで日差しをカット。エアコンや扇風機を適切に使う
  • のどの渇きを感じる前にこまめに水分補給をする
  • 栄養バランスのよい食事、特に朝食はしっかりと食べる

経口補水液とは

水と塩分と糖分をバランスよく含んだ飲料です。経口補水液は、体へ速やかに吸収されるため、激しい発汗や熱中症などによる脱水症状に適しています。使用には、1日あたりの目安量を参考にし、医師との相談も大切です。

通常の水分補給は水やお茶で十分です。

熱中症の応急処置

  • 風通しのよい日陰や、涼しい室内で安静にする
  • 衣類をゆるめ、ぬらしたタオルや保冷剤などで体を冷やす
  • 十分な水分補給や、スポーツドリンクなどで塩分も補給する

(注意)症状が改善しない、または症状が重度な場合は、受診させるか救急車を呼ぶ

熱中症に関する情報

この記事に関するお問い合わせ先
健康管理センター
〒372-0812 伊勢崎市連取町1155番地
電話番号 0270-23-6675
ファクス番号 0270-21-8995

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年07月02日