子宮頸がん予防ワクチン

ヒトパピローマウイルス感染症について

ヒトパピローマウイルス(以下HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。HPVに感染すると、ウイルスが自然に排除されることもありますが、そのままとどまることもあります。長い間排除されずに感染したままでいると子宮頸がんが発生すると考えられています。
子宮頸がんは国内では年間10,000人が発症し、年間約2,700人が死亡すると推定されています。早期に発見されれば比較的治療しやすいがんですが、初期の段階ではほとんど症状がないので、発見が遅れてしまうこともあります。

子宮頸がん予防ワクチンを受けたとしても、すべての子宮頸がんが予防できるわけではありません。20歳を過ぎたら定期検診(子宮頸がん検診)を受けることが大切です。

子宮頸がん予防ワクチンの定期接種

  1. 対象者:接種当日に伊勢崎市に住所があり小学6年生から高校1年生相当の年齢の女性
  2. 接種回数:3回
  3. 費用:無料
  4. 接種期間
対象者と接種期間
対象者 接種期間
高校1年生相当(平成17年4月2日~平成18年4月1日生まれ) 令和4年3月31日まで
中学3年生(平成18年4月2日~平成19年4月1日生まれ) 令和5年3月31日まで
中学2年生(平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれ) 令和6年3月31日まで
中学1年生(平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれ) 令和7年3月31日まで
小学6年生(平成21年4月2日~平成22年4月1日生まれ) 令和8年3月31日まで

(注意)接種期間を過ぎた場合は、任意接種となり全額自己負担となります。

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン接種は、厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」と勧告を受け、平成25年6月14日より積極的な接種勧奨を差し控えられています。そのため、伊勢崎市では子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨や予診票の送付は行っていません。しかし、接種自体を中止するものではないことから、接種を希望される方は定期接種として予防接種を受けることができます。

伊勢崎市の対応

  • 定期接種対象者で子宮頸がん予防ワクチンについて理解した上で接種を希望される人は、予診票を交付しますので健康づくり課まで問い合わせてください。

子宮頸がん予防ワクチン相談窓口

診療体制について

子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種を平成23年2月25日から平成25年3月31日までに受けた人へのお知らせ

平成23年2月25日から平成25年3月31日までに市の助成により3ワクチンのいずれかを接種した人で、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診された人は、申請により関連性が認められると、医療費・医療手当が支給される場合があります。
ただし、支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られています。該当する人は至急請求してください。
具体的な請求方法については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の救済制度相談窓口へ相談してください。

救済制度相談窓口

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

電話番号

0120-149-931(フリーダイヤル)
(注意)IP電話などの人でフリーダイヤルが利用できない場合は、電話番号 03-3506-9411(有料)を利用してください。

受付時間

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)の午前9時から午後5時

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部健康づくり課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館2階
電話番号 0270-27-2746
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年04月01日