スズメバチの巣を駆除します

市ではスズメバチの巣を無料で駆除しています。スズメバチの巣を見つけたら、環境保全課へ連絡してください。壁の中や屋根裏、高所などの特殊な場所に巣がある場合は、追加料金が発生し、負担してただくことがあります。詳しくは環境保全課までお問い合わせください。

スズメバチの巣の特徴

スズメバチの巣は、大抵の場合、球状になっていて、表面は貝殻状(しま模様)の皮で覆われています。その皮に入り口が1つ開いていて、そこからハチが出入りをしています。

巣は、春から秋にかけてしだいに大きくなりますが、造り始めはトックリを逆さにしたような形をしています。

緑色の葉っぱの間にスズメバチの巣がありハチが出入りをしている写真
絵に書いたようなスズメバチの巣が天井に貼り付いている写真

スズメバチの巣がある場合

  • 職員が現地を訪問しスズメバチの巣を確認した後、駆除業者を手配します。
  • 駆除業者から申込者に、駆除の日程調整や巣の状況確認のために電話で連絡をします。
  • 申込者の立ち会いのもと、駆除業者がスズメバチの巣を駆除します。 

スズメバチの巣以外の場合

ハチの巣にアシナガバチが沢山いる様子の写真

アシナガバチの巣(上側写真)などスズメバチの巣でない場合は駆除していませんので、害虫駆除業者などに依頼してください。電話帳の「消毒業」の欄などでお調べください。

巣の場所がわからない場合

ハチが飛んでいるだけで巣の場所がわからない場合は、駆除の受付ができません。巣があることを確認してから環境保全課へ連絡してください。

この記事に関するお問い合わせ先
環境部環境保全課 環境保全係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所北館2階
電話番号 0270-27-2733
ファクス番号 0270-24-5253

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月23日