猫が庭などに入らないようにする方法

猫が庭にフンや尿をして困る、車を傷つけられるなどの苦情が市に多く寄せられます。
しかし、猫には犬のような登録制度や放し飼いを規制する法制度がなく、飼い猫と野良猫の区別もできないため、公的機関による猫の駆除や捕獲はできません。
そのため、猫による被害を軽減させるには、猫よけ対策をしていただくほかありません。
そこで、インターネットなどで取り上げられている猫よけの方法を紹介します。

(注意)個体差もあり、あまり反応しない猫もいます。また、方法によっては効果が長続きしない場合や、段々と猫が慣れてしまって反応しなくなる場合もあります。
猫が学習して記憶するまで反復することが重要です。

留意事項

  • このページに記載した方法は比較的効果があると言われている方法ですが、猫の個体差もあり、絶対に効くというものではありません。
  • これらの方法を試される場合は、猫の侵入経路、通路、フン尿をする場所等を調べてから行うことで効果を上げることが出来ると思われます。
  • これらの方法は一回で効くものではありません。「反復継続して行う」・「複数の方法を組み合わせて使う」などが重要です。
  • 猫は愛護動物です。虐待にあたるようなことをしてはいけません。法律で罰せられます。

忌避剤

猫の嫌いな臭いや刺激性によって猫が近づきにくくする方法です。

  • 雨や風などで効果は徐々に薄れます。効力を維持するために定期的に交換しましょう。
  • 猫が臭いに慣れてくると効かなくなります。同じものを長期間利用するのではなく、時々種類を変える必要があります。
  • 臭いがきついものや、色が付いてしまうものもあります。
  • あらかじめ、近所の人にも説明しておきましょう。

木酢液・竹酢液など

園芸用肥料としてホームセンター等で販売されているものを薄めて散布します。

使い方

希釈して、猫の通る場所などに散布(又はスプレー)するか、容器に入れたスポンジや布に染み込ませて置きます。

ポイント

臭いは時間とともに少なくなります。
「嫌な臭いの場所」と猫が覚えるまで、気長に散布などを続けましょう。

参考:木酢液・竹酢液を加工して使う方法
材料

木酢液(約400ミリリットル)、唐辛子(10本~15本)、レモンバームの葉(20~30枚)

作り方
  1. 500ミリリットルの空のペットボトル容器に上記の材料を入れます。
  2. 1~2日後に唐辛子とレモンバームを除きます。
使い方

4~8倍に薄めて使います。(臭いがきつい場合は10倍位まで適当に薄める)

市販の忌避剤

ペットショップや薬局、ホームセンター等で販売されている市販の忌避剤を使います。

  • 長期間にわたって効果が持続するわけではありません。

ある程度の期間ごとに繰り返し撒く必要がありますが、価格との兼ね合いも考えて使わなければなりません。

  • 猫の個体差によって反応が鈍い・効かないなどの場合もあります。

柑橘類

ミカンなどの柑橘類の皮、あるいは柑橘類の香りのする薬品を撒きます。
柑橘類の皮の場合、乾燥してしまったときの効果は不明です。

ハッカなど

ハッカの香りのするもの(芳香剤、ハーブ、練り歯磨きなど)を置きます。

酢を容器に入れるか、スポンジや布に染み込ませて置きます。
2倍から10倍程度に水で薄めたものを噴霧します。(毎日行う必要があるとのこと)

香りの強いハーブなど

猫が嫌がる香りのするハーブなどを植えたり、ハーブ系の香料を撒いたりします。

効果があると言われている植物の例

ランタナ、ユーカリ、ゼラニウム。ヘンルーダ、ローズマリー、レモングラス、柑橘類、ペパーミント、ニンニク、チャイブ、マリーゴールド、カニナハイブリッド など

生ニンニク

生のニンニクを細かく刻んで撒いたり、ネットに入れたりして吊るします。

タマネギ

タマネギをばらばらにして撒きます。

唐辛子

細かく刻んだ唐辛子か粉末状の唐辛子を撒きます。

香辛料

コショウ、カレー粉等の香辛料を猫の通り道やフンをする場所に散布します。

コーヒーかす、茶殻

コーヒーを入れた後の「かす」や、どくだみ茶などの茶殻を散布します。

乾燥してしまった場合の効果は不明ですが、花壇等にも撒けます。

どくだみの葉

どくだみの葉をつぶしたものや汁を撒いたり、どくだみを植えたりします。

構造物による忌避方法

出入り口や猫が休息する場所、猫が塀を飛び越える時に足場になる場所などに猫が嫌がるものを置く方法です。

砂利(軽石)

大きめの砂利を敷き詰めます。
軽石(中玉の大きさ)は安価で効果も大きいとの評価があります。
花壇などの場合は直径1センチメートル程度の軽石が混じった観葉植物用の土を敷きます。

枯れ枝

球根や種が植えてあるところに敷き詰めます。
猫に掘り返されないと言われています。

トゲのある植物

トゲのある植物を植えたり、葉を撒いたりします。

効果があると言われている植物の例

カラタチ、バラ、サボテン、ヒイラギ、ビラカンサ、地面に沿って伸びるタイプのコニファーなど
猫の通り道対策として植える。ヒイラギの実を花壇等の表土にすり込むと効果的との報告があります。

ホースでたっぷりと水を撒きます。
猫は水を嫌う傾向があります。

灰など

ホームセンターや園芸店で販売されている園芸用の石灰や炭粉などを撒きます。
足に付き、猫が嫌がると言われています。

地面をおおう植物

地面をおおう植物を植えます。

日当たりの良い庭に適した植物の例

タイム、ヘリクリサム、ビオラ、オランダイチゴ、ケンタッキーブルーグラス、ブルーフェスク、リボングラス、レモングラス、ゼラニウム など

日陰になりやすい庭に適した植物の例

アイビー、ツルニチニチソウ、班入りカキドオシ、ラミウム類 など

  • 植物が10~30センチメートル程の高さ(猫の目の高さぐらい)に茂っていると、猫が嫌がります。
  • 茂みの高さができるだけ高く密であるほうが良い。やわらかそうな裸の土を見せないこともポイント
  • 軽石等を撒く方法を併用するなどの工夫をすれば、全体を植物でおおう必要がなくなります。
  • さらにハーブ系・柑橘系の香りがする植物の場合は相乗効果が期待できます。

とげとげシート

猫がトゲトゲシートを嫌がっているイラスト

ホームセンターや園芸店で販売されている「トゲ状のシート」を敷きます。
全面に敷き詰めなくても、飛び越えられない幅に敷けばよいとも言われています。

松ぼっくり

猫が歩く場所に敷き詰めると効果があると言われています。

目の細かい網

目の細かい網を敷くと爪が引っかかり歩きにくいと言われています。

アルミホイル

敷くと足音がするので、猫が嫌がると言われています。

ラティス(トレリス)

ラティスやトレリスなどのガーデニング用の木製の格子柵を倒して置きます。

ネットや柵

猫が乗り越えられない高さで囲うか、侵入路をふさぎます。
防猫ネットや防猫バーなどを設置する方法もあります。
猫は足がかかる部分などがあれば、3メートル以上の高さでも乗り越える場合があると言われています。

その他

やわらかい土の地面は猫のトイレの場所になりやすいので、タイルを敷き詰めたり、コンクリートで覆うという方法もあります。ただし、効かない猫もいます。
水を入れたペットボトルを設置する方法は、効果はほとんどありません。
場合によっては、火災の原因となるのでやめましょう。

物理的に追い払う方法

センサー感知式散水器

センサーが感知すると自動で放水する製品が販売されています。
インターネット通販で“ガーデンプロテクター(散水器)”などの名称で販売されています。効果は確認していません。

ブザー

遠隔操作式のものやセンサーつきのものが販売されています。
猫が通過するときに鳴らすと警戒して近寄らなくなると言われています。

超音波発生器

猫が超音波発生器を嫌がっているイラスト

センサーで感知すると猫が嫌がる高周波の音を発生する製品が販売されています。

  • 発生する高周波音は人の耳にはほとんど聞こえませんが、不快感がある人もいるようです。
  • 猫の個体差で反応が鈍い(あるいは、効果がない)場合があるようです。

また、最初は効果があっても、だんだんと慣れてしまう場合があるようで、購入価格と効果の兼ね合い(費用対効果)を考えて判断する必要があります。

この記事に関するお問い合わせ先

環境部環境政策課 環境保全係
〒372-0824 伊勢崎市柴町954番地 清掃リサイクルセンター21 管理棟2階事務室
電話番号 0270-27-2733
ファクス番号 0270-27-5388

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年02月21日