外国人住民に対する登録手続き・制度が変わりました

平成24年7月9日から外国人住民に対する登録手続き・制度が変わりました。

「外国人登録法」が廃止になり、住民基本台帳法の適用になりました

「外国人登録証明書」は、「特別永住者証明書」又は「在留カード」に切り替える必要があります。

「外国人登録原票記載事項証明書」及び「外国人登録原票の写し」の交付ができなくなりました

外国人登録法に基づく「外国人登録原票記載事項証明書」及び「外国人登録原票の写し」の交付が廃止され、それに代わり日本人と同じように住民票の写しが交付されるようになりました。

外国人住民にも転出届が必要になりました

伊勢崎市から他市区町村へ転出するときには、日本人と同じように「転出届」を提出し、「転出証明書」を受け取る必要があります。また、国外に転出する場合は再入国許可を有している場合であっても、原則として転出の届出が必要です。

対象

次のいずれにも当てはまらない外国人住民

  • 3ヶ月以下の在留期間の決定された者
  • 短期滞在の在留資格が決定された者
  • 「外交」又は、「公用」の在留資格が決定された者
  • 在留資格がない者

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民部市民課 戸籍係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2726、2729
ファクス番号 0270-24-9666

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年05月20日