特定外来生物クビアカツヤカミキリに注意してください

クビアカツヤカミキリとは

クビアカツヤカミキリは、平成30年1月に特定外来生物に指定され、飼育や野に放つことが禁止されている昆虫です。サクラやモモなどに産卵し、幼虫が樹木の内部を摂食します。加害が進むと、被害木の枯死や落枝、倒木などの被害が発生するおそれがあります。

現在、伊勢崎市では確認されていませんが、県内では東毛地域を中心に確認されています。被害拡大を防ぐため、発見した場合は速やかに捕殺し、情報提供をお願いします。

クビアカツヤカミキリの特徴

  • 体長は触角を含まず2センチ5ミリメートルから4センチメートル、全体的に光沢のある黒色で、胸部(クビの部分)が赤色をしている。
  • 幼虫は樹木内で2年から3年かけて成長し、さなぎになる。
  • 成虫の活動時期は5月末から8月頃で、幹や枝の樹皮の割れ目に産卵する。
  • クビアカツヤカミキリが食入した樹木には、木くずやフンからなるフラスが大量に排出される。
  • フラスは幼虫の侵入孔から排出され、棒状(かりんとう状)で、木の下に大量に落ちる。
kubiakatuyakamikiri
hurasu
hurasu2

クビアカツヤカミキリを発見した場合

成虫を発見した場合は、ほかの地域への分散を防ぐため、足で踏みつぶすなど捕殺して下さい。

樹木でフラスを発見した場合は、以下の登録農薬を幼虫の侵入孔にノズルで噴射し、駆除してください。

  • ベニカカミキリムシエアゾール
  • ロビンフット
  • アクセルフロアブル
  • 園芸用キンチョールE
  • マツグリーン液剤2

クビアカツヤカミキリの発生を確認した場合は、以下の問い合わせ先の農政課までご連絡ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
経済部農政課 農業活性係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所北館3階
電話番号 0270-27-2757
ファクス番号 0270-21-5730

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年08月17日