豚熱(CSF)の感染防止対策に協力してください

豚熱(CSF)とは

豚熱ウイルスにより起こる豚・イノシシの伝染病で、強い伝染力と高い致死性が特徴です。

治療法が無く、発生した場合の畜産業界への被害が甚大であることから、特定家畜伝染病に指定されています。

CSFは豚・イノシシの病気であり人に感染することはありません。また、感染した豚肉が流通することはありませんが、内閣府食品安全委員会は、仮に感染した豚の肉や内臓を食べても人体に影響はないとしています。

本市の感染対策について

養豚場への支援

  • 養豚農家の設置する野生動物侵入防止柵の設置について、金網柵の設置費用を助成しました。
  • 市内の養豚場で実施される豚熱(CSF)予防ワクチンの接種費用の一部を助成しています。
  • 市内の養豚農家に対し、消毒薬等を無償配布しています

消毒マットの設置

養豚業の多いあずま地区および赤堀地区の支所に消毒マットを設置しています。来庁の際は靴の消毒に協力してください。

野生イノシシの捕獲強化

地元猟友会や警察と協力し、野生イノシシの捕獲を実施しています。

市民の皆様へ

県内の野生イノシシから豚熱(CSF)の陽性反応が確認されており、国内での発生が終息していない状況を踏まえ、感染拡大防止のために皆様の協力をお願いします。

また、正確な情報に基づく冷静な対応をお願いします。

  • エサを求める野生イノシシを引き寄せる可能性があるため、ゴミを出す際はしっかりと密閉しましょう。また、作物の収穫残渣をきちんと処分しましょう。
  • 土の中にウイルスが含まれている恐れがあります。山林などから下山する際は、靴底などの泥をよく落としましょう。
  • 飼養衛生管理基準により管理されているため、農場には無断で立ち入らないでください。
この記事に関するお問い合わせ先

農政部農政課 農業活性係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所北館3階
電話番号 0270-27-2757
ファクス番号 0270-21-5730

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年04月19日