ブロック塀を点検しましょう

平成30年6月18日に大阪府北部で発生した地震では、倒壊したブロック塀の下敷きになり死傷する事故がおきました。過去の地震においても、ブロック塀の倒壊による被害が発生しています。倒壊したブロック塀は、道路をふさぎ、避難や救助活動の妨げにもなります。ブロック塀は建築基準法により、その構造が定められています。まずは、自身の所有するブロック塀を自己点検しましょう。

また、道路沿いにブロック塀を所有している人で、点検を希望する場合は建築指導課まで問い合わせてください。連絡があったものについては、市職員が目視の点検に伺います。

ブロック塀の点検のポイント

まずブロック塀の外観を1から5までチェックし、ひとつでも該当する項目がある場合や分からないことがあれば、建築士などの専門家や施工業者に相談しましょう。

ブロック塀の点検のチェックポイント
  1. 塀の高さが、地盤から2.2メートルを超えている。
  2. 塀の厚さが10センチメートル以上ない。(高さが2.0メートルから2.2メートルの場合は15センチメートル以上)
  3. 控え壁がない。控え壁が少ない。(塀の高さが1.2メートルを超える場合は、控え壁が必要です。また、塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上の控え壁が必要です。)
  4. ブロック塀に基礎がない。
  5. 塀に傾きがある。ひび割れをしている。

専門家に相談しましょう

  1. 塀に鉄筋は適切に入っているか。
この記事に関するお問い合わせ先

建設部建築指導課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館3階
電話番号 0270-27-2762(建築指導係)、2763(建築審査係)、2792(開発指導係)
ファクス番号 0270-25-6364

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年08月03日