ご当地ナンバー及び地方版図柄入りナンバープレート

取組経緯

国土交通省は、平成29年5月30日に自動車のナンバープレートのさらなる活用方策として、地域独自の図柄を表示する地方版図柄入りナンバープレートの導入及びご当地ナンバーに新たな地域名表示を追加募集することを発表しました。

この追加募集に伴い、導入基準要件が緩和されたことから、伊勢崎市は、ご当地ナンバー及び地方版図柄入りナンバープレート(以下「ご当地ナンバー等」という)を導入することが可能な地域となりました。

そこで、本市ではご当地ナンバー等が、本市の知名度向上や観光振興、地域振興に寄与するものと考え、平成32年度中に交付開始予定とされている国のスケジュールに合わせて、ご当地ナンバー等の導入に関する取り組みを進めてまいりました。

導入に関する方針

ご当地ナンバー等の導入について、市民の皆様のご意見を踏まえ、市の方針を決定するため、アンケートを実施しました。

ご当地ナンバーの導入については、「賛成」46.2%と「どちらかといえば賛成」27.1%を合わせ、73.3%の人が導入に前向きな考えを示している一方、「どちらかといえば反対」27.1%と「反対」10.3%を合わせ、26.2%の人が導入に消極的であるという結果となりました。

また、地方版図柄入りナンバープレートの取り付けについては、ご当地ナンバーの導入について「賛成」とした約7割のうち、「取り付けたい」40.4%と「どちらかといえば取り付けたい」31.9%を合わせ、72.3%の人が取り付けに前向きな考えを示している一方、「どちらかといえば反対」17.9%と「反対」9.3%を合わせ、27.2%の人が取り付けに消極的であるという結果となりました。

いずれも、約7割の賛成意見を得られてはいるものの、反対意見も比較的高い比率であることから、慎重に対応する必要があると判断し、ご当地ナンバー等の導入の意向を早急に決定するよりも、まずは、課題等を整理することを優先すべきであると考え、本市では、今回の導入は見送ることとし、引き続き、研究を進めていくことといたします。 

最新の取り組み状況

市民アンケート結果

平成29年9月27日~10月16日の期間、2,000人を対象に市民アンケートを実施した結果、851人から回答が寄せられ、回収率は42.6%でした。アンケートにご協力いただきありがとうございました。

市民アンケート実施

平成29年9月27日~10月16日の期間、住民基本台帳から無作為に抽出された2000人の市民を対象に調査票を郵送し、アンケートを実施しました。

ご当地ナンバーとは?

これまで、自動車のナンバープレートには、自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局または自動車検査登録所の名称などが表示されていましたが、国が自動車のナンバープレートを観光振興や地域振興にも活用するため、追加的に新たな地域名を定めることとしたものが「ご当地ナンバー」です。現在、群馬県域では、「群馬」ナンバーが使用されていますが、「前橋」や「高崎」ナンバーのように、ご当地の名称を自動車のナンバープレートに表示するものです。

参考

ご当地ナンバーのイメージ図

地方版図柄入りナンバープレートとは?

国は、自動車のナンバープレートの多角的な活用方策の一環として、諸外国での活用事例などを踏まえつつ、ナンバープレートに図柄を導入する取り組みを推進し、平成29年4月に、日本初の図柄入りナンバプレートとなるラグビーワールドカップの開催を記念した「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」を発行しました。また、平成29年10月には、東京オリンピック・パラリンピックの開催を記念した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」を発行しています。そして、次の段階の取り組みとして展開されている施策が、地域独自の図柄をナンバープレートに表示する「地方版図柄入りナンバープレート」です。

参考

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバーと地方版図柄入りナンバープレートのカラー及びモノトーンのイメージ図

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
企画部企画調整課 政策係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館4階
電話番号 0270-27-2707
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日