子育て支援

第3子以降学校給食費助成事業

同一世帯内で3人以上の児童生徒を養育している保護者に対し、第3子以降の児童生徒の学校給食費を助成します。

資格対象者

世帯所得の合計額が600万円以下で、市内の小学校、中学校または伊勢崎特別支援学校に在籍する児童生徒を同一世帯内で3人以上養育する保護者。

(注意)生活保護や就学援助等を受給している場合は対象外となります

問い合わせ

健康給食課(電話番号0270-75-2517)

第3子以降出産祝金

次世代を担う子の出産を奨励し、児童の健全な発育と福祉の増進を図るため、児童1人につき10万円を支給します。

資格要件

第3子以降のお子さんが生まれた人で次に該当する人が対象

  1. 第3子以降の出産時点で6カ月以上本市に住所を有している人
  2. 第3子以降の出産時点で2子以上を実際に養育(同居が原則)している人
  3. 外国人の場合は、1と2のほかに「永住者」または「特別永住者」の在留資格を有している人

問い合わせ

子育て支援課手当給付係(電話番号0270-27-2750)

放課後児童クラブ利用者負担金の減免

児童が公設公営、公設民営の放課後児童クラブを利用している場合に、次のいずれかの要件を満たしている場合は利用者負担金を減免します。

資格要件

  1. 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定により保護を受けている場合は、利用者負担金の全額を減免します。
  2. 当該年度分(4月分から6月分までの利用者負担金にあっては前年度分)の市民税が非課税である世帯に属する場合は、利用者負担金の100分の50に相当する額を減免します。
  3. 当該年度分(4月分から6月分までの利用者負担金にあっては前年度分)の市民税の所得割が非課税であって均等割のみ課税されている世帯に属する場合は、利用者負担金の100分の25に相当する額を減免します。

問い合わせ

子育て支援課(電話番号0270-27-8805)

放課後児童クラブ利用者負担金の助成

児童が民設民営の放課後児童クラブを利用している場合に、保護者と児童が市内に住民登録をしており、次のいずれかの要件を満たしている場合は利用者負担金を助成します。

資格要件

  1. 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定により保護を受けている場合は、利用者負担金の全額を助成します。
  2. 当該年度分の市民税が非課税である人は、利用者負担金の100分の50に相当する額を助成します。ただし、月額5,000円を上限とします。
  3. 当該年度分の市民税の所得割が非課税であって均等割のみ課税されている人は、利用者負担金の100分の25に相当する額を減免します。ただし、月額2,500円を上限とします。

問い合わせ

子育て支援課(電話番号0270-27-8805) 

中学生までの子ども医療費無料

中学校卒業までの子どもの医療費(入院・外来ともに)の自己負担額を福祉医療費として負担します。

資格要件

中学校3年生まで(満15歳の誕生日以後の最初の3月31日まで)。ただし、4月1日生まれは15歳の誕生日の前日までになります。

問い合わせ

年金医療課医療助成係(電話番号0270-27-2740)

第3子以降保育料無料

子育て世帯の経済的負担を軽減するため、3人以上の子どもを扶養している世帯の3人目以降の児童が幼稚園、保育所(園)、認定こども園などに入園している場合、申請により利用者負担(保育料)を無料とします。

資格要件

  1. 児童と保護者が市内に住民登録をしていること
  2. 第3子以降の児童が幼稚園、保育所(園)、認定こども園などに通所、通園していること
  3. 同一世帯で子どもを3人以上扶養していること。ただし、所得金額が38万円(給与収入は103万円)を超える者は扶養の人数から除く
  4. 申請時点で利用者負担(保育料)、市税に滞納がないこと

問い合わせ

こども保育課(電話番号0270-27-2751)、学校教育課(電話番号0270-27-2787)

子育てコンシェルジュ

窓口に配置された専門員(子育てコンシェルジュ)が、幼稚園、保育所(園)、認定こども園などの施設や地域の子育て支援事業などの案内、子育てについて心配なことの相談を受け付けます。

対象者

小学校就学前子どもの子育て家庭

問い合わせ

こども保育課(電話番号0270-27-2751)

第3子以降保育料軽減

就園奨励費の該当幼稚園を利用し、市内に住民登録をしている園児と保護者で、子ども・子育て支援新制度に移行していない市内外の私立幼稚園に第3子以降の子どもを通園させている世帯の場合、私立幼稚園就園奨励費と合わせて308,000円までを補助します。

資格要件

就園している園児が、保護者と生計を一にする兄・姉から数えて第3子以降の子であること

問い合わせ

学校教育課(電話番号0270-27-2787)

ワクチン&子育てナビ

予防接種スケジュール管理システムや子育て情報の提供を行うモバイルサービス。スマートフォンや携帯電話などからインターネットを通じて、保護者や子どもの名前(ともにニックネーム)・生年月日・メールアドレスなどを登録することで、適切な予防接種スケジュールを自動作成します。お子さんに合わせた予防接種スケジュールを自動作成し、接種時期が近づくとメールでお知らせします。予防接種スケジュール管理機能のほかには、子どもの健診予定日前に健診のお知らせメールの配信、予防接種実施医療機関の検索、妊娠中の記録(写真やコメントの記録)、子どもの成長記録(写真やコメントの記録、成長グラフの作成)、感染症情報(毎週更新)、小児の休日夜間診療情報、子育て情報などの閲覧ができます。登録料・利用料は無料ですが、通信費用は利用者負担となります。

対象者

主に就学前のお子さんの保護者

問い合わせ

健康づくり課(電話番号0270-27-2746)

ロタウイルス予防接種費用の助成

子育て世帯の健康保持および経済的負担を軽減するため、ロタウイルス予防接種の費用を一部助成します。助成額および助成回数はワクチンの種類によって異なり、ロタリックスが1回7,500円で2回まで、ロタテックが1回5,000円で3回までです。

資格要件

  1. 接種者が接種日当日に市内に住民登録をしていること
  2. 伊勢崎市と玉村町の市指定医療機関で接種していること
  3. 初回接種は、生後6週から生後14週6日までに接種していること 2回目以降の接種は、ロタリックスの場合は24週0日までに接種、ロタテックの場合は32週0日までに接種していること

問い合わせ

健康づくり課(電話番号0270-27-2746)

不妊治療費の助成

不妊治療を行っているご夫婦の負担を軽減するため、不妊治療に要する医療費の一部を助成します。助成額は、不妊治療に要した医療費の自己負担額の2分の1とし、10万円を超える場合は10万円を限度とします。また、助成金の申請は、1年度(4月1日から翌年3月31日まで)あたり1回とし、同一夫婦について、通算3回を限度とします。  

資格対象

不妊治療を行っているご夫婦で、次の要件を満たす者

  1. 医師による不妊治療を行っている法律上の婚姻関係にある夫婦であること
  2. 夫婦の双方またはいずれか一方が、申請日の1年以上前から引き続き伊勢崎市に住所があること
  3. 医療保険法における医療保険に加入していること
  4. 伊勢崎市の市税および国民健康保険税に滞納がないこと
  5. 他の地方公共団体から同一の不妊治療に対し同種の補助を受けていないこと

問い合わせ

健康管理センター(電話番号0270-23-6675)

不育治療費の助成

不育治療を行っているご夫婦の負担を軽減するため、不育治療に要する医療費の一部を助成します。助成額は、不育治療に要した医療費の自己負担額の2分の1とし、20万円を超える場合は20万円を限度とします。また、助成金の申請は、1年度(4月1日から翌年3月31日まで)あたり1回とし、同一夫婦について、通算3回を限度とします。 

資格対象

不育治療を行っているご夫婦で、次の要件を満たす者

  1. 医師による不育治療を行っている法律上の婚姻関係にある夫婦であること
  2. 夫婦の双方またはいずれか一方が、申請日の1年以上前から引き続き伊勢
    崎市に住所があること
  3. 医療保険法における医療保険に加入していること
  4. 伊勢崎市の市税および国民健康保険税に滞納がないこと
  5. 他の地方公共団体から同一の不育治療に対し同種の補助を受けていないこと

問い合わせ

健康管理センター(電話番号0270-23-6675)

新生児聴覚検査費用の助成

自動聴性脳幹反応検査(AABR)、耳音響放射検査(OAE)等の新生児聴覚検査にかかる費用の一部を助成します。助成額は上限3000円で1人につき検査1回までです。(3000円に満たない場合はその金額)

資格対象

検査対象者は、伊勢崎市に住所があり、原則生後1カ月以内に新生児聴覚検査を受けた赤ちゃんで、助成対象者は検査対象者の保護者

問い合わせ

健康管理センター(電話番号0270-23-6675) 

出生祝品の贈呈

出生届出時に祝品として出生記念証および新生児用品(「Made in いせさき」製品)を贈呈します。

対象者

本市が受領した出生届に記載された子

問い合わせ

市民課(電話番号0270-27-2726)

ファミリー・サポート・センター

子育ての手助けをして欲しい人(利用会員)とお手伝いをしたい人(援助会員)の相互援助活動を有料で行う会員組織です。保育施設までの送迎など、保育施設では対応しきれない保育を援助します。

対象者

子育ての手助けをして欲しい人(利用会員)または子育てのお手伝いをしたい人(援助会員)

問い合わせ

こども保育課(電話番号0270-27-2751)、お申し込み先は、あかいしこども園内、電話番号0270-23-6471

関連リンク

移住・定住支援策

伊勢崎市では、多くの人に伊勢崎市に住んでもらえるようさまざまな支援を行っています。住宅支援・起業支援については、下記の関連リンクでご確認ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
企画部企画調整課 街づくり推進係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館4階
電話番号 0270-27-2707
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月01日