感染症拡大を防止するためのごみの出し方

ごみ収集作業員の新型コロナウイルスなどへの感染リスク低減と、ごみ収集を安全に継続するための協力をお願いします。ごみを出した後は、せっけんなどで手をよく洗いましょう。

ごみの分類ごとの出し方

マスクやティッシュなどのもえるごみ

  1. ごみに直接触れない
  2. マスクやティッシュなどはビニール袋に入れて二重にする
  3. ごみ袋の空気を抜く
  4. ごみ袋の口をしっかり縛って密封する
  5. ごみは必ず収集日当日の朝に出す

(注意)前日のごみ出しは、ごみが猫やカラスにあさられ散乱につながります。

ペットボトルやプラスチック容器

  1. ふたと容器を洗う(ペットボトルはふた、容器飲み口を洗い、中をすすぐ)。
  2. ウイルスが付着していた場合に感染力をなくすため、一週間程度待ってから「資源物」として出す。

(注意)待てない場合は、例外的に「もえるごみ」として出すことも可能です。

缶・びん

  1. 容器を洗う
  2. ウイルスが付着していた場合に感染力をなくすため、一週間程度待ってから「缶」「びん」として出す。

ペットボトル以外の資源物・もえないごみ

ウイルスが付着していた場合に感染力をなくすため、一週間程度待ってから「資源物」「もえないごみ」として出す。

清掃施設へ直接ごみを持ちこむ場合

ウイルスが付着していた場合に感染力をなくすため、一週間程度保管してから持ち込んでください。

(注意)持ち込み手数料がかかります。

家庭ごみ 10キログラムまでごとに120円

事業所から出る一般廃棄物 10キログラムまでごとに200円

手数料は消費税相当額を含みます。

参考

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
環境部環境政策課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所北館2階
電話番号 0270-27-2732
ファクス番号 0270-24-5253

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年12月18日