新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

臨時記者会見における市長の緊急メッセージ(令和3年8月27日)

市内におけるコロナウイルスの新規感染者数は急拡大し、県内の市町村と比較して突出した状況が続いております。

現在、全国的にまん延しているコロナウイルスの変異株(デルタ株)は、これまで感染者の割合がわずかであった若い人に感染が拡大しています。以前は軽症で済まされていた若い人にも重症者が出てきています。また、感染者の増加で重症化率は低くても重症者の絶対数は増加してきます。後遺症も心配されます。

医療現場の状況も非常に厳しい状況となっております。本来助けられるはずの命が助けられなくなって、地域の医療体制が崩壊するような事態とならないように医師会の先生方や管内の病院の皆様と連携して対応をしてゆきます。

現在のコロナウイルス感染症の感染状況においては、なによりも拡大を抑えるための方策を早急にとることが最優先だと考えております。

25日から学校が始まりました。市としては、まず子どもたちへの感染拡大を防ぐためにいくつかの取り組みを決定しました。一つは、子供たちの感染状況の把握のため独自に検査の拡充を行うことといたしました。二つ目は、学校、家庭、事業者が連携して子供たちをコロナから守るために事業者へ協力依頼を行っております。

そしてワクチン接種について接種体制の変更を行います。高齢者(65歳以上)の皆様の90%近い方が接種を終えられました。接種可能な方の全体でも8月26日現在で42.7%の方々が2回目接種を終えられております。これからも、ワクチンを打てない子どもたちや基礎疾患のある方々のために、更なる接種率向上が必要であります。ワクチンの供給に課題はありますが、ワクチン接種のリスクを理解していただくことを前提に、円滑な接種が行えるように一層の体制整備に努めてまいります。

また外国籍の方々にもこうした情報が行き届くように多言語での情報提供を用意してゆきます。

緊急事態宣言の下であっても、行政でできることは非常に限定的です。感染拡大の防止は市民の皆様一人一人の取組に掛かっております。

市民の皆様にお願いです。

専門家の皆様の見解をみると感染拡大を防止するには人の流れを極力減少させることがなにより大事とされております。市民の皆様、事業者の皆様にご協力いただき外出自粛の徹底をお願いいたします。

また、ワクチン接種をされても感染する場合があります。個人として、感染しない、感染させないための基本的行動を引き続き行ってください。人の集まるところでは密閉・密接・密集の三つの密を避け、手洗い、うがい、マスクの着用を徹底すること、ウイルスを家庭に持ち込まない注意をお願いいたします。

コロナウイルス感染症の収束を成し遂げても、コロナウイルスは形を変えて何度でも襲ってきます。私たちはこれまでの生活様式を大きく変えてゆかなければなりません。事業者の皆様にはこれからもコロナ対策認定店におけるような対応を継続していただけるようお願いいたします。また、行政としても、新しい日常を創ってゆく試みを市民の皆様と共に考えてゆきたいと思います。

令和3年8月27日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

群馬県に緊急事態宣言が発令されたことに伴う市長メッセージ(令和3年8月19日)

令和3年8月20日(金曜日)から9月12日(日曜日)まで、群馬県に緊急事態宣言が発令されました。

本市では、昨日までの一週間の新規陽性者数が激増し、人口10万人当たりの一日平均陽性者数は19.1人となっております。特に10歳未満を含む若い世代での感染が拡大しており、非常に危機的な状況にあります。

本日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、この感染拡大を食い止めるためには、人流を抑えることが重要でありますことから、屋外の市有施設についても、利用中止を決定させていただきました。

市民の皆様には、外出の5割削減を目指し、生活に必要な場合を除き、特に夜8時以降の外出はしない、混雑している場所や県を越えての往来や旅行、友人同士の会食を行わないなど、人流抑制にご協力をお願いいたします。また、家庭内での感染が増えております。ご家庭においても、換気やマスクの着用など、感染防止対策に努めていただきますとともに、ご自身やご家族に、のどの痛みや発熱などの症状がある場合には、出勤や登校をしないよう、させないようにし、医療機関を受診するようお願いいたします。

事業者の皆様にも、テレワークや時差通勤などをご検討いただくとともに、従業員が体調不良を訴えた場合には、休暇の取得を促し、速やかに医療機関の受診を促すようお願いいたします。

新型コロナワクチンにつきましては、安定供給を群馬県に要望しておりますので、若い世代の皆様にもワクチン接種をご検討ください。

これ以上の感染拡大を防ぐため、皆様のご協力をお願いいたします。

令和3年8月19日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

まん延防止等重点措置の適用に伴う市長メッセージ(令和3年8月6日)

新型コロナウイルスの感染拡大が激しくなっている中、国は群馬県に令和3年8月8日(日曜日)から8月31日(火曜日)まで、まん延防止等重点措置を適用することとし、群馬県は本市を含む20市町村を措置区域とすることとしました。

本市におきましても、昨日までの一週間の新規陽性者数は121人、人口10万人当たりの一日平均は8.1人となっており、特にワクチン接種の済んでいない、若い世代に感染が拡大しており、非常に危機的な状況にあります。

再三のお願いにはなりますが、市民の皆様には、ご自身やご家族を守るため、生活に必要な場合を除き不要不急の外出自粛と、発熱などの症状があれば外出や登校を控え、マスクの着用や3密の回避などの感染防止対策の徹底に加え、多人数での会食や県境を越える往来の自粛にご協力をお願いいたします。

令和3年8月6日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

群馬県全ての市町村の警戒度が3から4に引き上げられたことに伴う市長メッセージ(令和3年8月4日)

新型コロナウイルスの感染拡大が激しくなっている中、群馬県は本日から社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を全県で4に引き上げました。

これを受けまして、本市でも伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、群馬県の要請に基づき、全ての市民の皆様へ不要不急の外出自粛をお願いするとともに、市有施設についても使用の制限をさせていただくことといたしました。

毎日のように多くの陽性者が本市でも報告されており、第5波と言わざるを得ない状況ではありますが、そのような中でも高齢者の陽性の報告は全体の10%以下となっております。これは、80%以上の65歳以上の皆様が2回のワクチン接種を受けていただいていることが大きな要因だと考えております。現在、国からのワクチン供給が希望量を大幅に下回っている状況がございますが、本市では引き続き群馬県や国に十分なワクチンの供給を求めていくとともに、伊勢崎佐波医師会のご協力のもと、若い世代への接種体制を進めてまいります。

再三のお願いにはなりますが、市民の皆様には、ご自身やご家族を守るため、マスクの着用や3密の回避などの感染防止対策の徹底に加え、多人数での会食や県境を越える往来の自粛にご協力をお願いいたします。

令和3年8月4日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

群馬県全ての市町村の警戒度が2から3に引き上げられることに伴う市長メッセージ(令和3年7月30日)

群馬県は新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を8月2日(月曜日)から県内全ての市町村で3に引き上げる決定をしました。

本市におきましても、これを受けまして、伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、感染防止対策がとられていない場所への不要不急の外出自粛、高齢者や基礎疾患のある人の不要不急の外出自粛をお願いすることといたしました。

これからのお盆休みなどで、旅行や帰省等をお考えの皆様もいらっしゃると思いますが、隣接する埼玉県や東京都などは爆発的な感染拡大となっている状況でございます。今年の夏休みはご自宅で過ごす選択をぜひご検討いただき、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

令和3年7月30日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

12歳から15歳の市民への接種券発送に伴う市長メッセージ(令和3年7月20日)

新型コロナウイルスワクチンの接種対象が12歳までに拡大されたことから、今月27日に12歳から15歳までの市民の皆様へ接種券をお送りすることといたしました。

このワクチン接種には、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化の予防効果が期待されています。一方で、ワクチンの副反応は高齢者に比べて、年齢が若い人の方がより多くみられるようでもございます。稀にではありますが健康被害がおこることもありますことから、法律による救済制度が設けられています。

ワクチン接種は強制ではございません。受ける人と保護者の同意があって、接種が行われるものです。お送りする説明書や医師の説明により、ワクチンに期待される効果とリスクの双方について、十分理解し納得した上で、接種を受ける、接種は見合わせる等をお選びいただきますようお願いいたします。

令和3年 7月 20日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

群馬県全ての市町村の警戒度が3から2に引き下げられることに伴う市長メッセージ(令和3年7月2日)

群馬県は7月1日(木曜日)の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を7月5日(月曜日)から県内全ての市町村で2に引き下げる決定をしました。

本市では陽性者の発生がない日が続いていますが、東京都では連日600人、隣接する埼玉県でも100人を超える陽性者が報告されております。本市におきましても、感染拡大のリバウンドがいつやってくるかわかりません。ご自身や家族の健康を守るため、市民の皆様には引き続き、感染防止対策の徹底をお願いします。

令和3年7月2日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

群馬県全ての市町村の警戒度が4から3に引き下げられたことに伴う市長メッセージ(令和3年6月18日)

群馬県は6月16日(水曜日)の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を6月21日(月曜日)から県内全ての市町村で4から3に引き下げる決定をしました。

本市ではこれを受けまして、伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、県のガイドラインに沿って、6月21日(月曜日)から全ての市民の皆様にお願いしていた不要不急の外出自粛の要請を、高齢者や基礎疾患を持つ人に限定することといたしました。

また、市有施設につきましても、6月21日(月曜日)より、十分な感染防止対策を取っていただくことで、屋内外問わずに利用をしていただくことといたしました。

本市陽性者も少なくなっている状況ではございますが、感染拡大のリバウンドを防ぐためにも、市民の皆様には引き続き、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

令和3年6月18日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

まん延防止等重点措置の適用に伴う市長メッセージ(令和3年5月17日)

群馬県は5月16日(日曜日)から6月13日(日曜日)まで、「まん延防止等重点措置」を適用されることとなり、本市を含む10の市町を対象地域に指定しました。これにより、対象地域内の飲食店への営業時間の短縮や終日酒類提供の自粛、路上や公園等での集団での飲酒の自粛要請が行われることになりました。

本市におきましても、本日までの一週間の新規陽性者数は99人、10万人当たりでは46.5人となっております。これは広島県や岐阜県など、緊急事態宣言の対象になっている地域に匹敵するほどの危機的な感染割合でございます。また、その大半が家庭内や友人知人間での感染でございます。

これ以上の感染拡大を防ぐには、市民の皆様のご協力以外ございません。引き続き、外出先だけでなく家庭内でのマスクの着用、三密の回避、県外への不要不急の往来の自粛、感染リスクが高まる大人数での会食やバーベキューなどの自粛、発熱などの体調不良の症状がある際の外出や登校、出勤の自粛など、ご自分と大切な家族を守るための行動の徹底をお願いいたします。

令和3年5月17日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

伊勢崎市の警戒度が3から4に引き上げられることに伴う市長メッセージ(令和3年5月4日)

群馬県は社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を5月4日(火曜日)から、全県において4に引き上げ、8日(土曜日)から21日(金曜日)まで飲食店等への営業時間短縮要請を行うことを決定しました。

大型連休の期間ではございますが、市民の皆様には、マスクの着用、三密の回避などの感染防止対策の実施、国の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象となっている地域への行楽や帰省、感染リスクが高まる大人数での会食やバーベキューなどの自粛をお願いしているところです。

このような中、本市の本日までの一週間の新規陽性者数は76人、10万人当たりでは35.2人となってしまいました。これは東京都や京都府に匹敵するくらいの危機的な感染割合でございます。

再三のお願いではありますが、市民の皆様には、外出先だけではなく家庭でも極力マスクを着用すること、小まめに手洗いを行うこと、家族以外の会食は控えることなど、ご自分と大切な家族を守るための行動の徹底をお願いいたします。

令和3年5月4日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

ゴールデンウィークを迎えてのお願い 市長メッセージ(令和3年4月30日)

4月28日(木曜日)、群馬県は新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を5月1日(土曜日)から、全県において3とすることを決定しました。

本市におきましても、昨日は18人と新型コロナウイルス感染症の陽性判明が急増している状況です。

群馬県は、これ以上の感染拡大を防ぐため、県民の皆様に国の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象となっている地域への行楽や帰省、感染リスクが高まる大人数での会食やバーベキューなどの自粛をお願いしております。

ご心配をおかけしている本市のワクチン接種ですが、高齢者施設の入所者、約2000回分のワクチンを本日、該当施設にお送りしました。65歳以上の皆様へのワクチン接種についても、5月中旬から始められるよう、関係機関のご協力をいただきながら進めております。

本来、家族やご友人と楽しい時間を過ごせるはずの大型連休の期間ではございますが、改めて市民の皆様には、マスクの着用、三密の回避などの感染防止対策と家族を守る行動の徹底をお願いいたします。

令和3年4月30日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

伊勢崎市の警戒度が3から2に引き下げられることに伴う市長メッセージ(令和3年4月2日)

群馬県は4月1日(木曜日)の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、本市に出されている社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を4月3日(土曜日)より3から2に引き下げる決定をしました。

本市ではこれを受けまして、伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、県のガイドラインに沿って、4月3日(土曜日)より、高齢者や基礎疾患を持つ人の外出の際には、感染対策を十分取っていただくようお願いすることといたしました。

本市の陽性者はここ2週間で47人と決して安堵できる状況ではありません。また、その6割が家族や知人からの感染でございます。県の警戒度は引き下げられますが、マスクの着用や大人数での会食自粛など、感染防止対策の徹底を引き続きお願いします。

令和3年4月2日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

伊勢崎市の警戒度が4から3に引き下げられることに伴う市長メッセージ(令和3年3月19日)

群馬県は3月18日(木曜日)の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度を3月23日(火曜日)から本市と大泉町を4から3に、太田市を除く32市町村を3から2に引き下げる決定をしました。

本市ではこれを受け、本日開催した伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、県のガイドラインに沿って、3月23日(火曜日)より、全ての市民の皆様にお願いしていた不要不急の外出自粛の要請を、高齢者や基礎疾患を持つ人に限定することといたしました。
また、市有施設につきましても、3月23日(火曜日)より、十分な感染防止対策を取っていただくことで、屋内外問わずに利用をしていただくことといたしました。
ただ、群馬県の警戒度が下がったとは言え、本市陽性者の現状は決して安心できる状況ではありません。市民の皆様には引き続き、感染防止対策の徹底をお願いします。

令和3年3月19日

伊勢崎市長 臂 泰 雄

伊勢崎市緊急事態宣言を3月1日をもって解除することに伴う市長メッセージ(令和3年2月26日)

2月19日(金曜日)から2月25日(木曜日)までの1週間における新規陽性者数の人口10万人あたりの1日平均が0.9人となったことから、市独自の緊急事態宣言を3月1日(月曜日)までとすることとします。なお、今後については群馬県の警戒度に準じ、次のとおり対応しますが、今後も皆様のご理解と感染症対策のご協力をお願いします。

  1. 市民の皆様へ
  • 生活に必要な場合を除き、不要不急の外出を控えてください。
  • 国の緊急事態宣言の対象となっている他県等への往来は控えてください。
  • 感染リスクの高い多人数での会食は自粛しましょう。
  • 家庭内でのマスク着用など感染防止対策や「新しい生活様式」の実践の徹底をお願いします。
  • 国の接触者確認アプリ「COCOA(ココア)」、群馬県のLINE(ライン)「新型コロナ対策パーソナルサポート」を積極的に利用しましょう。

2.事業者の皆様へ

  • 飲食を伴う懇親会等は自粛しましょう。
  • 休憩室、喫煙所、更衣室などの居場所の切り替わり時での感染防止対策の徹底をお願いします。
  • 事務室やトイレなどの共同スペースでの定期的な換気をしてください。
  • 就業時間内のマスクの着用と三密を回避しましょう。

3.イベント等の開催について

  • 市が主催する(共催含む)イベント等について、以下に掲げる項目について感染リスクの評価を行ったうえで、「三密の回避」をはじめ、十分な感染防止対策を徹底したうえで、実施できるものは開催可能とします。

1.開催規模(参加人数、参加者の範囲)
2.開催場所(換気の状態)
3.開催時間(同一空間での滞在時間)
4.参加者同士の距離(近距離又は対面)
5.参加者の特性(高齢者や基礎疾患を有する者)
6.不特定多数か否か

(注意)市有施設については、屋内施設は利用中止、屋外施設で感染防止対策のとれるものは利用可能とする。(警戒度4の期限となっている3月8日(月曜日)まで)

4.学校等の対応について

  • 感染防止対策を徹底しながら通常登校を継続します。
  • 部活動については活動内容を考慮して、平日のみの活動とします。
  • 児童生徒または教職員に感染者が発生した場合、必要な範囲で学級閉鎖や休業等の措置を行います。

令和3年2月26日
伊勢崎市長 臂 泰 雄

 

伊勢崎市緊急事態宣言延長に伴う市長メッセージ(令和3年2月19日)

伊勢崎市の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等に鑑み、その拡大を防止するため、伊勢崎市緊急事態宣言を延長します。

伊勢崎市においては、2月22日(月曜日)までを期限とする独自の緊急事態宣言を発出し、県と協力し様々な対策を行ってきましたが、陽性者数の減少に至っていないことから、3月1日(月曜日)まで緊急事態宣言を延長することとしました。市民の皆様、医療関係者、団体、企業等が一丸となり、感染拡大を防止するため、ご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 対象区域 伊勢崎市全域
  2. 対象者 伊勢崎市民および来訪者
  3. 対象期間 2月23日(火曜日)から3月1日(月曜日)まで7日間(状況により、期間を延長する場合があります)
  4. 要請内容

(1)市民の皆様へ

  • 生活に必要な場合を除き、不要不急の外出を控えてください。
  • 緊急事態宣言の対象となっている10都府県への往来は控えてください。
  • 感染リスクの高い多人数での会食は自粛しましょう。
  • 家庭内でのマスク着用など感染防止対策や「新しい生活様式」の実践の徹底をお願いします。
  • 国の接触者確認アプリ「COCOA」、群馬県のLINE「新型コロナ対策パーソナルサポート」を積極的に利用しましょう。

(2)事業者の皆様へ

  • 飲食を伴う懇親会等は自粛しましょう
  • 休憩室、喫煙所、更衣室などの居場所の切り替わり時は、感染防止対策の徹底をお願いします。
  • 事務室やトイレなどの共同スペースでは定期的に換気をしてください。
  • 就業時間内はマスクの着用し、三密は回避しましょう。

5.イベント等の開催について

市が主催する(共催含む)イベント等について、以下に掲げる項目について感染リスクの評価を行ったうえで、「三密の回避」をはじめ、十分な感染防止対策を徹底したうえで実施できるものは開催可能とします。

  1. 開催規模(参加人数、参加者の範囲)
  2. 開催場所(換気の状態)
  3. 開催時間(同一空間での滞在時間)
  4. 参加者同士の距離(近距離又は対面)
  5. 参加者の特性(高齢者や基礎疾患を有する者)
  6. 不特定多数か否か

(注意)ただし、市有施設の貸館業務等については、3月1日(月曜日)まで利用中止または利用制限の措置とします。

 

6.学校等の対応について

  • 感染防止対策を徹底しながら通常登校を継続します。
  • 部活動は中止とします。
  • 児童生徒または教職員に感染者が発生した場合、必要な範囲で学級閉鎖や休業等の措置を行います。

 

令和3年2月19日
伊勢崎市長 臂 泰 雄

伊勢崎市緊急事態宣言発令に伴う市長メッセージ(令和3年2月5日)

伊勢崎市の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等に鑑み、その拡大を防止するため、伊勢崎市緊急事態宣言を発出します。

伊勢崎市においては、新型コロナウイルス感染症陽性確認者数が、2月3日(水曜日)に10人、2月4日(木曜日)に27人と急速に拡大し、極めて厳しい状況となっています。このため、伊勢崎市では、市民の皆様の生命と健康を守るため、緊急事態宣言を発出することとしました。市民の皆様、医療関係者、団体、企業等が一丸となり、感染拡大を防止するため、ご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 対象区域 伊勢崎市全域
  2. 対象者 伊勢崎市民および来訪者
  3. 対象期間 2月5日(金曜日)から2月22日(月曜日)まで18日間(状況により、期間を延長する場合があります)
  4. 要請内容

(1)改めて、感染予防のための自覚を持った行動をお願いします。
(2)日中夜間を問わず、生活に必要な場合を除いた不要不急の外出を控えてください。
(3)緊急事態宣言の対象となっている他県への移動を控えてください。
(4)感染リスクの高い大人数での会食や宴会は自粛しましょう。
(5)家庭内での感染防止対策の徹底及び「3密(密閉・密集・密接)の回避」や手指消毒などの「新しい生活様式」の徹底をお願いします。
(6)国の接触者確認アプリ「COCOA(ココア)」及び群馬県のLINE(ライン)「新型コロナ対策パーソナルサポート」を積極的に利用しましょう。

 

令和3年2月5日
伊勢崎市長 臂 泰雄

群馬県の要請内容変更に伴う市長メッセージ(令和3年1月28日)

市民の皆様へ

1月23日(土曜日)より伊勢崎市政を担わせていただくこととなりました臂泰雄です。

本市の新型コロナウイルス感染症の陽性者は700人を超え、県内の約2割となっており、新型コロナウイルス感染症への対応は喫緊の課題でございます。このような中、伊勢崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を本日開催し、群馬県の新型コロナウイルス感染症に係る警戒度4の継続を受け、市民の皆様にはご負担をおかけしますが、2月7日(日曜日)までの不要不急の外出自粛、緊急事態宣言の対象となっている11都府県への不要不急の往来自粛を引き続きお願いすることといたしました。
また、ご自宅におきましても、静かに食事をする、まめに手洗いをするなど、感染予防対策の徹底をお願いいたします。皆様と皆様の大切な人の命を守るため、本市の医療体制を維持するため、感染しない、感染させないよう、皆様のご協力をお願いいたします。
本市では高齢者福祉施設での集団感染事案が多く発生しましたことから、施設内での感染予防に今まで以上に取り組んでいただくための情報提供や注意喚起を行い、同様の事案が起きないよう全力を尽くしてまいります。また、外国籍の皆様にも更に対策をお取りいただくよう、分かりやすい周知を行ってまいります。

なお、新型コロナウイルスワクチンの接種体制につきましては、国が示すスケジュールに沿って、皆様が安心して接種を受けていただけるよう、体制の確保と正確な情報提供を進めてまいります。

 

令和3年1月28日
伊勢崎市長 臂 泰雄

群馬県の警戒度が3から4に引き上げられたことに伴う市長メッセージ(令和2年12月18日)

市民の皆様へ

群馬県は県内で連日40名を超える新型コロナウイルス感染症の新規陽性者の判明により、県内の医療提供体制が非常に厳しい状況になってきたことから、令和2年12月19日(土曜日)から新型コロナウイルス感染症に係る警戒度を最高レベルの4に引き上げ、県民の皆様に、来年1月8日(金曜日)までの不要不急の外出自粛を要請いたしました。
本市でも、毎日10名前後の陽性者が報告されており、感染拡大が止まらない状況です。
皆様と皆様の大切な人たちの健康と本市の医療現場を守るためには、皆様自身が感染しない、感染させないよう、日々心掛けていただくことが何より大事です。ぜひ、危機感を共有していただき、明日から不要不急の外出は控えていただきますようお願いいたします。
本来であれば、楽しい季節となる年末年始ですが、今年はご家族でゆっくりお過ごしいただくなど、静かな年末年始としていただきますようお願いいたします。

 

令和2年12月18日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

群馬県の警戒度が2から3に引き上げられたことに伴う市長メッセージ(令和2年12月1日)

市民の皆様へ

群馬県が県内での新型コロナウイルス感染症の陽性者の増加を受け、令和2年11月28日より警戒度を2から3に引き上げ、感染防止対策の徹底と高齢者や基礎疾患を持つ人の不要不急の外出自粛の要請を行いました。
本市におきましても、陽性者が日々報告され、感染の第3波と考えられる状況となっております。
皆様と皆様の大切な人たちの命を守るため、感染しない、感染させないよう、改めて、マスクの着用や3密の回避といった感染防止対策の徹底をお願いいたします。
また、これから年末年始を迎える時季となりますが、感染リスクが高まると言われております、「飲酒を伴う懇親会等」「大人数や長時間におよぶ飲食」「マスクなしでの会話」「狭い空間での共同生活」「居場所の切り替わり」といった5つの場面での注意も併せてお願いいたします。
本市では、4月に高齢者施設でのクラスターが発生し、多くの尊い命が失われてしまった辛い経験がございます。二度とこのような悲しいことが起きないよう、市民の皆様のご協力をお願いいたします。

令和2年12月1日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

市内小中学生の陽性判明に伴う市長メッセージ(令和2年9月13日)

市民の皆様へ

9月12日(土曜日)、市内小中学校において、新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されました。陽性になった子どもたちの一日も早い回復を心からお祈りいたします。
陽性者が判明した小中学校ですが、陽性判明の児童・生徒のいるクラスは14日(月曜日)から23日(水曜日)まで学級閉鎖とするとともに、12日(土曜日)及び13日(日曜日)の二日間をかけて、消毒作業などの感染を拡大させない対策を行います。また、濃厚接触者となられた児童や生徒、教職員につきましては、速やかにPCR検査が受けられるよう群馬県と連携してまいります。
今回、児童や生徒の陽性が判明しましたが、新型コロナウイルスは誰もが感染する可能性がございます。市民の皆様には、決して嫌がらせや不当な対応など、誹謗中傷にあたる行為は絶対になさらないようお願いいたします。
感染しない、感染させないためにも、小まめな手洗いや外出時のマスク着用、3密の回避といった「新しい生活様式」に基づく感染防止対策の徹底を引き続きお願いいたします。

令和2年9月13日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

市内認定こども園保育士(佐波郡玉村町在住)の陽性判明に伴う市長メッセージ(令和2年7月13日)

市民の皆様へ

子どもたちをはじめ、園関係者の健康を守ることが最も大切であります。伊勢崎保健福祉事務所に対し万全な対策を講じるよう要請するとともに、市としても最善を尽くします。

令和2年7月13日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

群馬県の警戒度が3から2に引き下げられたことに伴う市長メッセージ(令和2年6月1日)

市民の皆様へ

令和2年5月30日、群馬県の警戒レベルが3から2に引き下げられ、外出自粛や休業要請の解除など、社会経済活動が大幅に緩和されました。
本市におきましても、本日から小学校、中学校などを段階的に、感染防止対策を十分行いながら再開し、他の市有施設も、徐々に市民の皆様に利用していただけるようにしてまいります。
しかし、新型コロナウイルスが完全に終息したわけではありません。これから、感染の第2波、第3波が来ることが十分予想されます。皆様には改めて、3密を避けるとともに、うがい手洗いやマスクの着用などの感染予防対策への協力と「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。
また、市内の経済活動も非常に厳しい状況でございます。市では皆様への特別定額給付金の一日でも早い支給を目指してまいりますので、市内でご活用いただき、消費拡大にご協力いただければ幸いです。

令和2年6月1日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

緊急事態宣言解除を受けて 市長メッセージ(令和2年5月14日)

市民の皆様へ

本日5月14日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が群馬県を含む39県への緊急事態宣言を解除しました。 本市では4月25日以降、新たな感染者は出ておりません。しかし、特定警戒都県に近接していることから、市民の皆様には引き続き、身体的距離の確保やマスクの着用、小まめな手洗いなどの感染予防対策に加え、お一人おひとりが日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただきますようお願いいたします。 ご自身のみならず大事な人の命を守るために、ご協力をお願いいたします。

令和2年5月14日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

ゴールデンウィークを迎えてのお願い 市長メッセージ(令和2年4月30日)

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、今年は普段と異なる大型連休を迎えました。「お休みをご自宅で過ごすこと」が、皆様ご自身はもちろん、ご家族など大切な人を守ることにつながります。一人一人の良識ある行動、それが感染の予防や拡大防止に向けて誰もができる第一歩です。
今は21万市民が心を一つにして極力外出を控え、一日も早く安心して過ごせる日々を取り戻すために、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

令和2年4月30日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた市長メッセージ(令和2年4月27日)

市民の皆様へ

4月16日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は4月7日に7都府県を対象に発令していた緊急事態宣言を全国の都道府県に拡大し、群馬県も緊急事態宣言の対象地域に指定されました。
これを受け、群馬県知事は4月17日から5月6日までの間、県民に医療機関への通院、食料の買い出し、職場への出勤など、生活の維持に必要な場合を除いた外出や都道府県間をまたいだ移動の自粛を要請しました。また、遊興施設や商業施設、運動・遊技施設などの7業種の事業者に休業等の要請を行いました。
市内では、有料老人ホームでの集団感染事案の発生により、多くの方が感染し、本日までに13名の方々の尊い命が奪われてしまいました。亡くなられた方には哀悼の意を表するとともに、ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。また、感染された方の一日も早い回復をお祈りしております。
本市ではこのような状況の中、売上が減少して、経営に支障が生じている市内の小売業者・飲食業者の皆様に対しまして、助成金を交付する事業を始めます。また、伊勢崎佐波の医療体制を維持させるため、一般社団法人伊勢崎佐波医師会のご協力をいただき、玉村町とともに発熱外来を設置、5月1日から診療を開始いたします。
市民の皆様には、「密閉空間・密集場所・密接場面」の回避に加え、生活に必要な外出以外はご自宅で過ごしていただくことで、人との接触を8割減らすようお願い申し上げます。また、休業を要請されている市内事業者の皆様にもご協力をお願い申し上げます。
なお、市内で多くの方の感染が確認されたことで、大きな不安をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、感染された方や治療にあたる医療関係者及びそのご家族に対しての誹謗中傷や差別的な行為はなさらないようお願い申し上げます。このような行為が増えてしまうと、症状があっても受診をためらう方が増えてしまい、かえって感染を拡大させてしまう結果を招きかねません。市では、国や群馬県と連携し、正確な情報発信に努めてまいりますので、皆様にはくれぐれも冷静な対応をお願い申し上げます。
この感染症からの危機を乗り越え、穏やかな暮らしを取り戻すため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

令和2年4月27日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

初めての感染者確認に伴う市長メッセージ(令和2年4月10日)

市民の皆様へ

令和2年4月9日(木曜日)、市内で初めて新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されました。感染された方におかれましては、心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い回復をお祈りいたします。
市では、群馬県と協力しながら新型コロナウイルスの感染拡大防止に全力を挙げてまいります。
市民の皆様には、市内での発生や政府の緊急事態宣言の発令などにより、不安をお持ちのこととは思いますが、改めてこまめな手洗いやうがい、咳エチケットの徹底をお願いいたします。また、三つの密(換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所・間近で会話する密接場面)を避けていただくとともに、不要不急の外出を自粛していただくなど、感染防止に努めていただきますようお願いいたします。
なお、市内で発生したことで、様々な情報が流れておりますが、市では国や群馬県と連携し、正確な情報発信をしてまいりますので、市民の皆様には冷静な対応をお願いいたします。

令和2年4月10日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

市長メッセージ(令和2年4月7日)

市民の皆様へ

令和2年3月7日(土曜日)に群馬県内で初めての新型コロナウイルスの感染者が確認されてから、令和2年4月6日(月曜日)までに26人の感染者が確認されております。また、政府は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を東京都など7都府県に発令することを表明しました。
伊勢崎市では、まだ感染者の確認はされておりませんが、県内外の状況を見ておりますと、いつ市内で発生してもおかしくない状況でございます。
市としましても、令和2年2月28日に新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、庁内での情報共有および市主催イベントの中止や公共施設の休館方針の決定などの取り組みを行ってまいりました。
今後も国や県、関係機関との連携はもとより、市民の皆様のご協力をいただきながら、感染拡大防止を進めるとともに、必要に応じて、対策本部会議を開催し、対応を検討してまいります。
市民の皆様には、小まめな手洗いやうがい、咳エチケット等の感染予防に努めていただくとともに、集団感染が発生しないよう、換気の悪い密閉空間、多くの人が集まる密集場所、間近で会話するような密接場面、いわゆる3つの密を避けていただきますようお願い申し上げます。
この感染症に対して、様々な情報が流れていますが、市では正確な情報発信に努めてまいりますので、市民の皆様には冷静な対応をお願い申し上げます。

令和2年4月7日
伊勢崎市長 五十嵐 清隆

(多言語版)市長メッセージ

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部健康づくり課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館2階
電話番号 0270-27-2746
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年08月27日