ディスポーザの設置

ディスポーザ

ディスポーザ内部イラスト

台所の排水口の下に取り付け、生ごみを細かく砕き、水と一緒に下水道へ流す装置のことです。

下図のように、台所のシンクの下に設置して、回転する破砕刃とハンマーで生ごみを細かく破砕し排水します。 

処理できるもの

  • 野菜、魚、くだもの、ごはん、麺類など

処理できないもの

  • 金属、プラスチック、陶器、ゴム類など
  • 硬い生ごみや、強い繊維質のもの
    貝類の殻、桃などの硬い種、パイナップルやトウモロコシの芯、牛、豚などの大きな骨など
  • その他
    熱湯、大量の油、薬品、たばこの吸殻など

ディスポーザ導入のメリット

  • 台所のシンクに生ごみをためておく必要がなく、常に清潔な状態が保てます。
  • ごみ出しの手間が軽減されます。

ディスポーザ導入の注意点

  • 公共下水道伊勢崎処理区以外の地域は、通常の浄化槽と比べて本体価格や設置工事が高額な、ディスポーザ対応型浄化槽が必要になります。

住んでいる地域によって設置できるディスポーザが変わります

公共下水道区域

下図の公共下水道伊勢崎処理区において、ディスポーザを単体で設置することが可能です。

ディスポーザを単体で設置することが可能な区域を示した図面の画像

その他の区域

ディスポーザ対応型浄化槽イラスト

公共下水道区域以外でディスポーザを設置するにはディスポーザと対応する浄化槽で構成する、浄化槽のディスポーザ生ごみ処理システムが必要です。

浄化槽のディスポーザ生ごみ処理システムとは、台所のシンクの下に設置したディスポーザに、水と一緒に生ごみを粉砕させ、ディスポーザ対応型浄化槽に放流させる仕組みです。
通常の浄化槽ではディスポーザからの生ごみを受け入れる容量が無く、浄化槽メーカーでディスポーザ対応型として作られた浄化槽である必要があります。

設置するには

ディスポーザを設置するには、伊勢崎市の公共下水道排水設備指定工事店に依頼してください。

申請書は下部ダウンロードをご覧ください。

ディスポーザ購入における助成金制度

ダウンロード

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局下水道整備課 排水設備係
〒372-0812 伊勢崎市連取町1952番地
電話番号 0270-30-1230
ファクス番号 0270-21-1101

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月16日