【令和3年度】新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した第1号被保険者などに対し、申請により保険料の減免を実施します。減免の要件や申請方法などは以下のとおりです。

減免の対象となる保険料

令和2年度分および令和3年度分の保険料で、納期限が令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に到来するもの

  • 補足1 令和2年度分保険料とは、例えば令和3年3月に65歳になり介護保険の資格を取得したことにより、令和3年4月以降に納期限が定められた保険料をいいます。
  • 補足2 納期限が経過した保険料についても、減免の対象となる保険料であればさかのぼって減免し、納付済みの保険料は還付します。

減免の対象となる人および減免額

新型コロナウイルス感染症により、世帯の生計を主として維持する人が死亡または重篤な傷病を負った65歳以上の人

減免額

介護保険料の全部(10割)

  • 補足 「重篤な傷病」とは1カ月以上の治療を有すると認められる場合をいいます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の生計を主として維持する人の収入の減少が見込まれ、次の要件の全てに該当する65歳以上の人

  1. 令和3年中の収入が令和2年中の収入と比較して3割以上減少する見込みであること
  2. 減少することが見込まれる収入に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
  • 補足1 対象の収入は給与・事業・不動産・山林収入に限ります。
  • 補足2 国や自治体から支給される各種給付金は収入に含みません。
  • 補足3 預貯金などの資産要件はありません。

減免額

対象保険料額の全部(10割)または8割

減免額の算定方法

保険料減免額=対象保険料額×(かける)減免割合

対象保険料額

対象保険料額=A×(かける)B÷(わる)C

  1. 当該第1号被保険者の保険料額
  2. 第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する人の減少することが見込まれる収入に係る前年の所得額
    (ゼロまたはマイナスの場合は減免非該当)
  3. 第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する人の前年の合計所得金額
    (ゼロまたはマイナスの場合は減免非該当)
減免割合
  • 前年の合計所得金額が210万円以下である場合、減免割合は全部(10割)
  • 前年の合計所得金額が210万円を超える場合、減免割合は8割

事業などの廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部(10割)を免除します。

  • 補足 令和2年度分の保険料の減免は、令和2年中と令和元年中の収入を比較し、減免割合に係る金額は「210万円」ではなく「200万円」で判定します。

申請期限

令和4年3月31日(木曜日)

申請方法

申請書などを下部ダウンロードから印刷して必要事項を記入し、必要書類を添付して次のいずれかの方法で提出してください。印刷環境のない人は、申請書を郵送しますので相談してください。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、できる限り郵送での申請をお願いします。

郵送

宛先
郵便番号372-8501 (住所不要) 市役所介護保険課 保険料係

窓口に持参

市役所本館1階介護保険課に直接来てください。

必要書類

新型コロナウイルス感染症により、世帯の生計を主として維持する人が死亡または重篤な傷病を負った65歳以上の人
  • 介護保険料減額・免除申請書
  • 新型コロナウイルス感染症にり患したことを証する書類(死亡診断書、医師の診断書のコピーなど)
新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の生計を主として維持する人の収入の減少が見込まれ、次の要件の全てに該当する65歳以上の人
  • 介護保険料減額・免除申請書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響があった収入状況等申告書
  • 令和2年分の所得税青色申告決算書または収支内訳書
  • 令和3年中の収入状況が分かる書類(事業の帳簿、給与明細書のコピーなど)

上記のほか、状況に応じて次の書類も提出してください。

  • 事業の廃止や失業の場合、それを証する書類(廃業等届出書、退職証明書のコピーなど)
  • 保険金や損害賠償金などにより補てんされるべき金額がある場合は、契約内容や当該補てん金額などが分かる書類

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
長寿社会部介護保険課 保険料係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2742
ファクス番号 0270-21-4840

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月01日